wedding dress  風物

もうすぐ自分の結婚式だ。
今日ドレスを決定した。かなり遅い。
しかしなぜウエディングドレスは白いのか?
坂井妙子氏(1997)によると、19世紀末イギリスで確立したものだという。
ヴィクトリア朝以前、たとえばローマ時代には黄色が花嫁にふさわしい色だとされていたようだ。
18世紀に入り上流階級の花嫁は白地に銀刺繍のほどこされたドレスを着ていたが、ゲストも同じようなドレスだったそうだ。
19世紀になって、1840年2月にヴィクトリア女王が結婚の際に着ていた白ドレス+ベールの組み合わせが現在のウエディングスタイルの原形になっており、100年経った今でもこの慣習が受け継がれているそうだ。
ちなみにこれは私が当日つけるティアラ。↓
クリックすると元のサイズで表示します

0



2006/5/8  22:12

投稿者:wanko

そうなんですね。。。。まだ新しい世界に足を踏み入れた感覚はまったくありませんが。。。(笑)
この連休は大カゼをひいて寝込んでおりました。岩盤浴、また行きましょ♪

2006/5/8  21:29

投稿者:nor

招待状いただきありがとうゴザイマス。

日本でも白無垢を着るけれど、真っ白はある世界から別の新しい世界へ移動するという意味があるらしいです。この世に生まれたときの産着、花嫁が相手の家に嫁ぐときの白無垢、あの世に行くときの死装束の3つ。ただし日本(または東洋?)の話みたいだけどね。

wanko様、新たな世界へ生まれ変わった感想はいかがですか?


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ