☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2007/1/14

釣れて、よかったぁー。  フライで鯉釣り

2007年 1月14日(日) 二子玉川
釣果 鯉 1尾

今回の釣行は大変厳しかったです。
行くところ行くところ、鯉の反応が全然ない。
もうちょっとで、釣果なしになるところでした。

いつものポイントへ行くと、カメラマンが鳥を写すために河原の真ん中に陣取って対岸の鳥たちを狙っています。
仕度を済ませカメラの邪魔にならないように、上流へ向かいます。
上から川を覗くと、鯉の姿が見えません。
濁っているわけでもなく、私が目をつぶっているのでもなく、いつもいる場所に鯉の姿がありません。

「おかしいな?」と思いながら川に入り、サーチパンを流してみますが全く反応なし。
そのまま下流に下がり、やっと鯉の姿を見つけても川底に定位した食い気の全くない鯉ばかり。
カメラマンを避けて下流へ行くが・・・・。

場を休ませるため本流へ移動。
二子橋下流で鯉の集団を発見! サーチパンにも盛んに反応している。
横からフライをキャストするが、手前の強い流れにラインが流されフライは鯉がライズする前にドラグが掛かり下流へ流れる。
いつもなら橋脚へ渡って上流からフライを流すが、手前の水深がちょっと深くギリギリ渡れるが無理をして沈すると、風邪を引くので止めました。
ここの鯉もラインに警戒し川底へ・・・残念。

下流へ様子を見に行くが、鯉の姿やサーチパンに反応なし。
「このままじゃボウズ!」

いつものポイントへ戻るとカメラマンがいない、対岸ギリギリを狙うが鯉の姿が見えず、益々焦り出す。
ボーっとフライを見ていると、フライの向こう側に黒い影が・・・・・亀か?・・・・・フライが消えた。
我に返りロッドを立てて合わせる。ズッシっと重さを感じることが出来た。
「亀じゃない鯉だ!」鯉は水中の障害物に逃げ込もうとしている。
力を加減しながら障害物から遠ざけることは出来たが、今度はダッシュで逃げ回る。
バラしたら、このままでは釣果なしなるので、慎重に慎重に。
やっと寄ってきたので、慎重にネットイン!よかったぁ!
クリックすると元のサイズで表示します

その後反応はなくなる。終了かな?
しばらくフライを流したり、キャスト練習をしながら藤田さんの到着を待つ。
昼過ぎに藤田さん登場。
新作のブレイテッドのテーパーリーダーとフライの試作品をいただいた。
早速交換して試す。
リーダーは私のキャストの実力が無いので、ターンオーバーが出来ないときもある。
いつものリーダーは張りがあるので、実力がない私にも簡単にターンさせることが出きる。
しかしあの柔らかさは、水面で浮いた状態では水になじんでいる事は解った。

フライだが、ライズしていた鯉がいたので上流にフライを投げると素直にパクリ。
なかなか良いフライだ!釣り上げたら写真をっと思った瞬間に、フライが空中散歩。
バラしてしまった。
しかも藤田さんの目の前で、バラしてしまった。
HPのネタかな?(笑)

藤田さんから画像をいただきました。ありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

いただいたリーダーとフライは、次回リベンジしよう。
クリックすると元のサイズで表示します

あ!フライは試作品なので非公開(モザイク)です。(爆)


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ