☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

難しいです。

2007/10/19 | 投稿者: きむら


組み立てが終わり、上面を削っています。
クリックすると元のサイズで表示します

鉄製のLアングルは上面が平らになっていないので、ヤスリで削っています。

クリックすると元のサイズで表示します

市販品は鉄の角材を使っていますが、高価なのでLアングルを使ってみましたが、ちょっとした問題が見つかりました。
溝を引っ張るネジ(プルピン)は木材に食い込んでしまいます。

そこで考えたのが、ネジをパイプに入れてセットしました。
写真で木材からネジ頭が浮いて見えますが、パイプが入っているので浮いていてもネジが締まります。
クリックすると元のサイズで表示します


ふりーすとんさんからいただいたコメントです。
> なるほど、ベースは木でアングルは鉄?製ですか。
> 三つの穴はプッシュピン、プルピン、それにダウエルピン用ですね。
> 完成が楽しみですね。

アングルは鉄製です。
錆びないように、削っては油を付けてます。
問題は三角の溝ですね。どれぐらい削るのか悩んでいます。
完成するのでしょうか?(笑)

あ!カンナのこと忘れてた・・・・・。\(◎o◎)/!
0



2007/10/20  15:24

投稿者:きむら

「ふ」さん、こんにちは。

貴重なアドバイス、ありがとうございます。
アルミ箔ですか?すごく切れ味の良いカンナですね。

さて、今日も多摩川へ行ってきました。
久々の「爆」でした。
今夜UPできるかなぁ〜?


http://www1.ttcn.ne.jp/futakonokoiwo/index.htm

2007/10/20  14:59

投稿者:ふりーすとん

鉄製正解です。それにしても綺麗に平面出していますね。
「ふ」はアルミアングルを使って作りましたが、柔らかいのでカンナの刃を出し過ぎると削れてアルミ箔ができます(泣)
今もう少し硬い素材を使って作ろうと計画中です。

三角の溝ですが、ティップ部分を削り過ぎないよう注意が必要だと思います。ティップ部分の溝は浅いので、バット側と一緒に削っていくとどうしても削りすぎてしまいます。溝はバット側から順に削っていって最後にティップ側を仕上げるようにしたほうが失敗が少ないと思います。

http://freestone.sblo.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ