☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2008/2/23

ダブルハンドロッドの組立 7  ロッド・メイキング

昨年11月の末に購入したダブルハンドロッドブランクの組み立てが、やっと完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回のメイキングはかなり迷いましたね。
もともとDHロッドにほとんど興味がなかったので、グリップの形状からガイドの数とサイズを決めるのに1ヶ月半かかりました。

まずはグリップの形状をインターネットで検索し見つけたのがterryさんのブログ、ここでカラーコルクの存在を知り挑戦してみました。
ちょっとアクセントが出来て満足しています。

また、terryさんからはスレッドの色も影響を受けました。
メーカー製のロッドでは見かけないパープルとホワイトを使ってみたくなりましたが、エポキシ塗装をすると鮮やかな色がなくなるので、今回初めてカラープリザーバーを使いました。

terryさんは、私の地元の先輩である江戸のゴリ松さんのお知り合いでした。

なんかゴリさんの手の中から抜け出せないかな?・・・・孫悟空みたい。(爆)


コルクグリップの整形のためハンドボールを使った旋盤も作りました。
自分ではなかなか良い出来具合で、これからもロッド作りでは活躍してくれそうです。

ガイドの数や取り付け位置は、ふりーすとんさんいないなさんからアドバイスを頂き、ガイドをテープで仮止めしラインを通してカーブのチェックを行いました。

ガイドの位置も決まりスレッドも巻いて、いざ!エポキシコーティング・・・・・・・失敗。
なかなかエポキシが乾かず、何時までもベタベタしていました。
ネットで検索すると、2液性のエポキシは正確に1:1するか、1:0.95のように硬化剤を多くしないことがポイントみたいですね。
ドライヤーで暖めるだけではダメでした。

結局ベタベタだけではなくエポキシ自体がやわらかく硬化していなかったので、ドライヤーで暖めながらエポキシを剥がし主剤を多めにし再塗装しました。
この時にドライヤーで下地のエポキシを暖めながら再塗装を行ったので、新旧のエポキシが馴染んだと思っています。

ふりーすとんさんからはベトベトした上にウレタン塗装を塗る方法も教えていただきました。


今回も購入したのがロッドブランクのみだったので、クロスバックも作りました。
クリックすると元のサイズで表示します

全部自分でミシンがけ? いえいえ難しいところは妻にお願いしました。
ミシンを出してくる時に、数年前に子供のズボンを作ろうとしたフリース生地が出てきたので、リールバックもついでに作っちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します

晩酌後に適当に作ったら、妻から作り方が違うと指摘され、作り方を教えてもらうため、妻にもうひとつ作ってもらいました。(笑)
後で請求書が来るかも?・・・・。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ