2011/11/13

GOD-Jの自作ホラー小説  GOD-Jのつぶやき

   【 つちほり 】      

 脚本 GOD-J    (五慈栄ホラー斎 短編集) 主演 妻武器  綾瀬はるか


江戸時代後期 ある村には【つちほり】という遊びがあった


それは突然 やってくる

 赤い紙の手紙

【あんたさんの家の南の山に二本の桜 

 そこの間を掘ってみな】

手紙をもらった少女 少年は場所を探して土を掘りにいった

そこには今で言うプレゼントが入っていた


しかし 【つちほり】にはある約束事があった

それは つちを ほってる姿を見られないこと

そして 夜中(丑の刻)にほること

そして 手紙をもらったこと と

土の中から掘り当てたも のを決して誰にも言わないことだった

・・・

時は江戸

これをもらった少女は驚いた

「つちほり」の赤い手紙が自分宛に届いていたのだ

この少女も同年代の友人から噂には聞いていたがこんな風がひどく天候の悪い日だったので
こんな手紙をどうやって届けたのか不思議に思った

しかし好奇心旺盛だった少女はちょっとわくわくしながら
手紙を開封した

【裏手の神社の神木さん 抱いてから三歩鳥居にはねてつちをほりさん】

裏手の神社はピンきたものの裏手に神木なんてあっただろか
そこは神主さんがすでになくなって跡取りのいない神社だった
管理をするものがなくひどく草が生い茂り荒れ果てていた

抱いてから三歩鳥居にはねてつちをほりさん とはなんだろうか・・・。

少女は丑の刻 神社へ向かうことにした

そして少女は驚愕した

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

手紙をうけとった 少女・・・

その遊びは《丑の刻》

見られるな

話すな

見たものを決して誰にも話すな

それは単なる伝説だった・・

ある大学の生徒 

家のポストに赤い手紙

男「なんだあ こりゃあ?」

解き明かされる 恐怖の遊びの真実

そこにあるものは喜びか それとも永遠の恐怖か 

そして男はついに掘り当てた

これは・・・!!?

映画【つちほり】

あなたも《丑の刻》遊びにでかけますか・・・??


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ