2009/9/1

13日の金曜日 リメイク版  GOD-Jの映画レビュー批評(90%ホラー)

ついに購入!リメイク版【13日の金曜日】

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ブルーレイバージョン

いや 待ちました!あの「悪魔のいけにえ」をテキサスチェンソーとしてリメイクした
監督と製作者の最強タッグが組まれ「13日の金曜日」を現代に蘇らせました!

あらすじ

『クリスタルレイクにて妹が失踪 それをバイクにのり捜索する兄

そしてクリスタルレイクにて若者達のコテージに接触する兄

そしてクリスタルレイク 血の伝説がはじまる』


★総評★
 2.7
★★☆☆☆

期待しすぎたかもしれない・・ジェイソンはこれまでどおり頑丈で
優秀な『人狩りハンター』という感じ 獲物を見つけたら一直線

ジェイソン自体は素晴らしいつくりこみなのですが
ストーリーは1〜5までのいいところを詰め込んだということなのですが
どうもその詰め込み方が盛り上げどころを分散させてしまっているような気がする
またドラッグ描写SEX描写がやたら多いのでもう少し削っても良かったんじゃないか
と思う

ただジェイソン自体が好きというかたは、見てみるといいだろう

今回のジェイソンは『素早い』 『強い』 『残虐容赦なし』 『頭がいい!?』

軍隊だったら1000人力な男である 人間兵器といえる

またこの映画にてアイスホッケーの仮面を被るまでのストーリーがオリジナルでは 描かれていないのだが (3から突然被ってる)この映画でそれが判明するようになっています

また映画に出てる人物がほぼ全員 子供のころ13日の金曜日を見て震え上がった という世代だということも面白いところです

『殺されるならジェイソンがいいね』という熱狂的な人も!

いやはやアメリカンスターなジェイソンでありました
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ