« 歳? | Main | (^-^) »

2015/7/17  13:20

中総体に懸ける想い  ジュニアバスケット

やっと 中学生の最後の大会「中総体(中体連)」をDVDで観終わりました

毎年こんなにたくさんの応援をしてもらい プレーできる選手は幸せだと思います。
思う存分力の限りプレーする姿はまさしく「青春」そのものですね

勝つタメだけがいいとは言いません・・ でも 会場にいる選手、コーチ、父兄の大半は負けてもいいとは思ってないはずです! もちろんケガなくプレーして欲しいというのは親として誰もが思う最低限な想いですが・・  これで中学最後の大会なら 尚更 勝ち上がり 同級生やチームメイトとずっとバスケをやらせてやりたいですよね・・

ミニバス、ジュニア・・このへんのバスケで完成する必要は全くありません! 僕の持論としてはです。 負けて学ぶ大切さ! 努力を重ね勝つ喜び! この2点はいくつでもいつでも教えていかなくてはいけない基本です。 前にも書きましたが「努力をすれば報われる」・・これはウソです! ここまで言い切ると語弊がありますが 100%報われることはひと握りしかありません。 いや ひと握りもないかも知れません・・ でも人間は目標に向けて最大限努力していくものなんです。 勝つコトが目標じゃないという方もいらっしゃいます。 その方はその方の持論があるので構いません。
でも 僕は勝つためにする努力をしなくてはいけない!ということをまず子供たちには知ってほしいです。 子供たちは僕たち大人が考えるよりずっと真剣に勝ちたいと考えてます。 その想いに少しでも手が差し出せれば・・ 大人の都合でその想いを消すことだけはしちゃいけないです。


話がかなり脱線しましたが 子供たちの「今」は大人が考えるものよりずっと貴重なものなんだということも忘れないようにしていきたいですね。

上部大会に進んだ中学生はより一層努力し、敗退した中学生は ひとまずゆっくりと身体を休めてください・・

子供たちの可能性は無限大です! これからもこの可能性を伸ばせるように手伝いができれば幸いです。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ