写真はどれもクリックすると拡大できます。

2010/3/30

さくら考  ガーデン

今日も、ついでがあったので小石川後楽園に寄ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
おお〜!咲いてますね!しだれ桜。人混みもそれなりに。ん〜、でも?
老木だからか?上の枝が寂しい。普通の樹なら、上の方が成長が盛んで、下の枝は弱いものなのですが。
これは、地面の下、主根がやられちゃったって事だったりする?踏み固められすぎたのかな?

クリックすると元のサイズで表示します
お〜!もう一つの桜も花盛り!でも、ふ〜む。う〜ん。こちらも、てっぺんが弱い。しだれものは、どうしても仕方ないのでしょうかね。なにせ、枝の伸びるスピードに細胞の固まるスピードが追いつかなくて、重さで枝が下を向くのが「枝垂れ」。なので、高さを出すために、垂れる主幹をわざわざ持ち上げて形作ることも。そんな影響もあるのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
東京でよく見るしだれ桜。ぱっと華やかで、花も大振り。ソメイヨシノに近い色です。

クリックすると元のサイズで表示します
ふむ。枝が少なく見えるのにはもうひとつ。「なか枝」、いわゆるフトコロ枝、幹に近い細い枝がきれいに抜かれてしまっている。まあ、造園の教科書どおりなのですが。造園の教科書は、NHK趣味の園芸テキストと同じく関東標準なのです。どうして関東ではフトコロ枝を「つるつるに」取り去るのか???つまり、枝先にしか葉をつけさせないのか、その理由、誰か教えてくれないかなあ〜???確かに、幹は美しく見えるのだけれど。大切なところに栄養を集中させるため、とか?

ちなみに、以下は、2006年の京都醍醐寺の桜。
クリックすると元のサイズで表示します
ピンクが濃いですね。枝垂れる角度もさらに深く、花も小振りで、花付きもみっしり、というよりはちらほら。京都のしだれ桜はこちらが主流。きっと、東京でよく見るものよりさらに枝の成長スピードが速いのでしょう。

でも、上の枝が弱いのはいずれも同じですね。

東京のが花吹雪なら、京都のは玉すだれ、かな。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは醍醐寺でも一番豪華な桜。
クリックすると元のサイズで表示します
てっぺんまでしっかり咲いている、というより、てっぺんの枝がなくなってる(もしくはもともと主幹を作ってない)ってことでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはそのそばの桜。太い幹からひょろひょろと出ている細い「なか枝」を、全部は切らずにわざと少し残しているのが分かるでしょうか。わたしがぞーえんやさんに入りたての頃、教科書通り「つるつる」にしてよく仕上がったと得意になってたら、「なか枝を全部取ってしもうたら不自然やろ。ほれに、もし大枝が枯れてしまったら、これが次の枝になる。その備えをしとくんや。」と怒られました。

常識は非常識。でも、きっと理由がある。つるつるにする理由って、なんだろう???

☆今日のちび庭気温:−1〜10℃ ひえ〜っ。花苗植えちゃったよ。霜よけしなかったけど…???無事だといいなあ…。(^^;)

0
タグ:   まちあるき



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ