写真はどれもクリックすると拡大できます。

2011/8/26

大雨ですね。  栽培

今のうちに種をまかねば、夏がおわってしまう〜、と、ようやく重い腰を上げました。間に合うかしら。

5×5セルトレーに2粒ずつ。
●葉ぼたん バラエティーミックス(Brassica oleracea)  サカタ→大株にも小株にも。
●葉ぼたん ドレスミックス サカタ →ミニちりめん 名古屋系
●タキイ交配 ウィンターパンジー F1ナチュレエッセンス リブラ(Viola × wittrockiana F1 Nature Essence Libra)タキイ →冬咲き小輪
●タキイ交配 ビオラ F1ビビ エッセンス サン(V. × wittrockiana F1 Gem Essence Sun) →極早生、極多花性
●チマ・サンチュ(Lactuca sativa) サカタ →中近東内陸、小アジア原産 こちらはセルにバラ播きで2株まで間引き。

用土は赤土4、ピートモス4、くん炭2でした。(それしか手元になかった…)
やはり、赤玉だけではムリがありましたね。植え替え時に土が全部落ちてしまいます。それでピートモス。
さらに鹿沼土を加えるとどんな利点があるのでしょうか。

後で虫除けのネット掛けとかないとね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
南砂町にて。なに?とおもったら、ワルナスビ(Solanum carolinense)でした。北米からの帰化植物ですが、繁殖力はホオズキ並みらしい…群生すると、きれいなんですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
たまに珍しいものがある南砂のドイトにて。
柏葉アジサイの変種?と思って近づいてみると。これは…?

「チャイニーズハット」とあります。
ホルムショルディア テッテンシス(holmskioldia tettensis)というらしい。原産は熱帯アフリカ、アジアの非耐寒性常緑低木、だそうな。

葉っぱがムクゲのよう。まだまだ知らんもんがあるね〜。

はて、これは。
葉っぱはニチニチソウのようで、花はニコチアナのようで…。
クリックすると元のサイズで表示します
プレミエラ…。知らないな〜。Otomeria O`premiera アカネ科オトメリア属、非耐寒性多年草だそうです。こちらもアフリカが原産とか。

クリックすると元のサイズで表示します
このコリウス、すてきな色ですね〜!コリウスも学名が変わってる〜。Solenostemon scutellarioidesですか。
インドネシアのジャワが原産だそうな。

クリックすると元のサイズで表示します
門前仲町にて。いつも通りがかるこのお家のお花、好きなんですよね〜。
ルリマツリ(Plumbago capensis)がごきげんでした。この子も南アフリカが原産。いい色ですね〜。

やはり夏は熱帯近くのものが活躍しますね。まだまだ世界には思いもかけない植物があるんですね〜。ほんとに、よく探してくるな〜。やっぱり、たまには新品種をチェックしないといけませんね〜。

☆今日のちび庭気温:21〜32℃ 大掃除するなら今だ!と思ったら雷が。でも、スコールにしては長い雨ですね。当分天気が読めなそうです。(^^;)
0
タグ: 植物 栽培 園芸



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ