写真はどれもクリックすると拡大できます。

2009/4/21

故宮19 夢のあと  北京旅行

さて、故宮の東側、皇后達が住まわれた後宮「東六宮(ドンリョウゴン)」を通過中。いくつもの門をくぐっては小さな「宮」におじゃま。

こちらの宮では、お兄さん達が作業中。割れた敷石の取り外し???
クリックすると元のサイズで表示します
なかなかけだるげです…。こんなとき中国語が話せたら「なにしてるの?」って聞いてみちゃうとこなんだけど。

クリックすると元のサイズで表示します
永和宮、でしょうか。100年ほど前には、清の光緒帝の妃だった姉妹のうち、お姉さんの瑾妃(キンヒ)の住まわれていたところですね。今は宝物などが展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します
宮の前にはやはり大きな…ノウゼンカズラ???
いや〜、どの植物も迫力がありますね。咲いたところを見てみたい。夏はどんな風でしょうねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
そして。東六宮の南東の端、「延禧宮」です。今まで非公開だったそうですが。入ってみると、なんと、いきなり西洋式宮殿が。その名も「水晶宮」。

クリックすると元のサイズで表示します
ん〜、なんだか焼けちゃってますねえ。こんなに豪奢なレリーフで埋め尽くされた建物が。どういう曰くがあったのか???

クリックすると元のサイズで表示します
覗き込むと、なんと地下にもフロアが。おお〜。ますます謎は深まるばかり。資料にもな〜んにも載ってないけど???いったい、ここは、なに???

クリックすると元のサイズで表示します
という疑問を頭の上にいっぱい浮かべながら。故宮の高い赤い壁。長い歴史の中で、誰が、どんな想いで、この赤い壁を見上げてきたのでしょうねえ…。つづくぅ!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ