写真はどれもクリックすると拡大できます。

2009/7/3

故宮23 故宮の宝物  北京旅行

さてさて。宝物が納められている、とある一角に入ってみます。どんなかな〜。
クリックすると元のサイズで表示します
お〜。玉です。手に取ってみたいな〜。きっとすべすべなんだろ〜な〜。

クリックすると元のサイズで表示します
カトラリーですかね。どんなごちそうに使われたのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
パール使いがなんとも愛らしい。なかなかこういうデザインって、思いつかないよな〜。

クリックすると元のサイズで表示します
またまたなんとも、一つのカップにいろんな素材が使われている。異文化を感じますね。

クリックすると元のサイズで表示します
お〜、これは!パオ「ゲル?」ではありませんか!そおかあ。この宮殿に住んでいた人々の祖先は、まさしく北の大地を翔ていた人々だったのですねえ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
これは、髪飾り?たくさんの色石を使って、とても凝っています。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、皇后が身につけていた腕輪とか。肖像画にも、ちゃんと描いてありました。

クリックすると元のサイズで表示します
これ、何だと思います?なんと、皇帝(それとも皇后?)の帽子のてっぺんについている飾りなんですって。やはり何か意味があるんでしょうね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
そして。皇后さんの冠。すご〜い。はではで〜。重そ〜う。どうやってかぶったんでしょうね〜。
他にもいろんな装束があったのですが、カメラのメモリの都合上、撮ったのはここまで。
つくづく、かわった意匠で大変興味深いものでした〜。(^_^)


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ