写真はどれもクリックすると拡大できます。

2009/10/30

蘇州・寒山寺4 お庭拝見。  蘇州、上海旅行

テーマパークのようなかわいらしさですが、由緒あるお寺です。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなディテールもたまらない。
クリックすると元のサイズで表示します

さて。仏像の説明をしている列をちょこっと、離れまして。おじゃまさま〜。
クリックすると元のサイズで表示します
お寺の奥にあるお庭。左側。

んで、右側。観光客はだ〜れもいな〜い。
クリックすると元のサイズで表示します

園路の舗装装飾はお約束。
クリックすると元のサイズで表示します

か〜わい〜い。ほんと、きれいにしてありますね〜。管理、まめすぎ。
クリックすると元のサイズで表示します

石の白と緑のコントラストがぱっちり。
クリックすると元のサイズで表示します

…日本のお寺の庭と違って、瞑想するというよりは、幽境に遊ぶといった雰囲気。

そう。日本のお庭では、土地の石を使うので、色としては景色にとけ込んで目立たないのですが、こちらで使われるのは、ほとんどが白く奇妙な形をした名石、「太湖石」。

こちらのお庭というのは、いわく「天上界」を表しているのだとか。つまり、この太湖石は、「雲海」を表しているのだそうです。そして、太湖石に開いているいくつもの穴は、「異空間への入り口」を連想させるものであるとか。

なるほど〜。日本では、白砂で流れや海を連想させたりしますもんね。
考えてみたら、あんまり中国のお庭で滝流れってイメージないなあ〜。どちらかといえば、大きな湖や川って感じ。大陸なだけに、平面的な水っていうんでしょうか。そう言う意味では、中国でより造形的なのは雲、なんでしょうかね〜。あと、水の表現よりは「山道」の表現が秀逸なんですよね〜。

どうですか?桃源郷への入り口が見えそうですか?(^_^)


0
タグ: 中国  旅行



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ