写真はどれもクリックすると拡大できます。

2009/11/3

故宮27 故宮の夢 北京の夢  北京旅行

北京は故宮のおはなし。ようやく最終回。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、こちら。玉座ですが。
クリックすると元のサイズで表示します
向かいの劇場の演劇を見る為の玉座です。西太后や皇帝は、こうして窓越しに休みながら観劇をされていたのですねえ。建物の奥には、さらに休憩どころがあるのですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
3階まである劇場。3階でも演じたそうですが、どうやってみたんでしょうねえ?役者さんが身を乗り出して演じたのでしょうか…?
1階にも階段があって、ちょっと不思議。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは故宮の東側の一番奥。なんともすっきりした感じが良くてパチリ。

この近くに、小説でも有名な「珍妃の井戸」があるのです。さすがに写真は遠慮しましたが。
某小説にもあるように妃が投げ込まれたという井戸の穴は、実際非常に小さく、いくらウエストが細かったとしても、とても人が入れるとは思えない…と首を傾げておりましたら。そばの案内板に、英語で「現在は丸いドーナツ状の石で蓋がされている」というようなことが書かれていました。
そおよねえ。だって、あまりに穴が小さいんだもの。

いずれにしても、故宮の歴史の暗い部分の象徴でありますね。いまの静けさからはとても想像ができませんが。

そして、最後に故宮の西側のエリアへ。内廷でも政務に使われることが多かったところです。こちらも東側と同じくずいぶん広かったのですが、駆け足駆け足。カメラのメモリも尽きてしまったので、ほとんど取れませんでした〜。そんな中、もう一つ、故宮の一時代を象徴するもの。
クリックすると元のサイズで表示します
わかります?手前が幼い同治帝の玉座。その後ろのより大きな玉座が、西太后と東太后の座られていたものだとか。いわゆる「垂簾聴政」の場所が、ここなのです。

そう言えば、故宮には「食堂」という建物はないそうです。なぜなら、皇帝はどこでも好きなところで食事をとり、「ここで食事をしたい」といえば、そこが食事の間になったから。…でも、きっとどこかにお台所はあったのよね???

クリックすると元のサイズで表示します
さて、これで故宮さんぽも終わり。朝10時に入って出てきたのは午後4時頃でしたか。
いや〜、歩いた歩いた。堪能しました。これでも、まだ公開されてない部分があるんですよ〜!たとえば、東側の乾隆花園にあたる、西側の庭園。火事で焼けて、まだ修復・公開に至ってないそうですが。

夕方、仕事を終えたつれとその職場の方々と待ち合わせてお食事。お腹いっぱいになったのでおさんぽ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
王府井(ワンフーチン)天主堂。こんなところに教会が、あるのねえ〜。なんだかびっくり。
お月様と。

クリックすると元のサイズで表示します
どなたか分かりませんがお像もあります。うつくし〜い。周りを飾っているのは、なんとブーゲンビレア!

クリックすると元のサイズで表示します
中国では定番の枝垂エンジュのスタンダードも、こんなにモダンに。
この石製のプランターもたまりませんね〜。日本じゃあ高すぎて出来ない。絶対に。ぜいたくう〜。

そう、中国は、どこもニセモノがないのよ。造園素材に関しては。人的&素材的資源が豊かなんですね〜。ああ、日本のがますます「なんちゃって」に見えてしまう…。やっぱり、かなうことならホンモノで勝負してみたいものですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
中国の人々は、楽しみ上手。こちらでも、見ていた通りがかりの人も筆を借りて、腕試し。みんなで品評中。いいなあ、こういうの。

たのしかったね。北京。でも、5日目。ちょうど去年の今頃行った(!)庭主の北京探訪話は、まだまだ続くのです〜。(^^;)

☆今日のちび庭気温:5〜18℃ う〜、さむ〜。植え替えをしとりましたが、日が陰ったとたんに冷え込んでちび庭から撤退。もっとあったかいうちに作業せんと〜。

0
タグ: 中国  旅行



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ