2010/7/29  10:27

ワダツミ  

海の底にはいろいろなものが沈んでいます。
美しいもの、醜いもの、恐ろしいもの、どろどろしたもの。。。

それでも海は果てしない営みを繰り返す。

汚れを嘆くより、自分を責めるより、海のおおらかさを学びませんか。


                 以前プレゼントしていただいた本『美人の日本語』より


海のような人になりたい
あなたの海になりたい

小さい頃
毎日パパの軽トラに乗って海水浴にいっていた

おかげでこの黒さ?

あたしは海が好きだ

いつかちゃんとやってみたいサーフィン
海とお友達になれそうな気がするから

でも大好きな反面とても怖い



24のとき溺れたから

あれから2年後に天国に旅立ったゆうちゃんにあたしは助けられた


だから今ここでちゃんと息をしていられる


あの時のことを決して忘れない


海に行くと思い出す



だから。。。
海を祖末に出来ない





昨日の夜中
ナオミの足音(爪のカチャカチャ)を聞いた
確かに聞こえた


以前本田ちゃん(今は力野ちゃん)が泊まりに来た時も
同じ事を言っていた



そろそろ8月だからみんな実家に帰ってくるのかな。。。
ごめんなさい
あたし怖い?



う〜ん。。。

車があったらぴゅ〜んってすぐさま海へGO!するのにな。



でも明日は久々若松に帰って花火大会
妹のように可愛い従姉妹のぴいちゃんが初舞台でフラを踊るの


ねいちゃん観に来てって
言われたからそりゃ〜観にいくでしょ


色が白くて目が離れてて天然で可愛いのだよ
10も離れているけど彼女も今年29歳

大人の会話が出来るから楽しくて仕方ない
ぴいちゃんの姉貴も里帰り中だから
3人かしましくなる予定




なんだかとりとめもない文章ですね


センチメンタル38歳。。。
こんな日もありまさ〜ね〜




ていっ!





本日も参りましょう!
機関車トーマスナオミ!

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ