かわら長介 たくらだ堂

 

たくらだ堂トップページへ

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:&aあぃ&a
リターンズ行きました^o^

放送リボン関西は日曜日^o^
投稿者:いやー
サンドが優勝した後高田文夫にますおかのますだが電話入れたそうだが、会話の中でますだが「本当は2位も3位も競馬場にいたんじゃないですか?」と言うきわどい発言をして高田がビックリしたそうだ。
投稿者:&aあぃ&a
今日、M1リターンズいきます^o^
投稿者:かなしすぎる
今田がサンドウィッチマンの準決勝ネタをすごく評価していたのとは180°意見が違う。。
普通に面白いネタの何がいけないんだ?
観客無視は貴様だろ?
投稿者:ブログの意義について
かわらさんの審査員としての哲学は、他者が否定できるものではないと思います。
ただし、それがいかに評価されるか、という点については別問題になるとは思います。
その上で、自らの哲学を曲げない姿勢は尊敬します。
しかし、であるならばこのようなブログにおいて自らの哲学を晒す必要はあるのでしょうか?
そもそも「愚民には理解すらできまい」という哲学であるのですから。
投稿者:CSも見ました。
昨年M-1でのサンドウイッチマンの優勝は本当に良かったと思います。競馬場ですら勢いがありました。今年はライヴ音声じゃなくて
ちゃんと舞台マイクから音声を拾ってもらえるとうれしく思います。

お笑いを批評するファンの方は、もう少し冷静になって欲しいと思うんです。一種のファン心理みたいなものから変な勢いになるのだと思いますが、なぜ面白い番組がなくなって行くか、なぜ同じ様な芸人やタレントがテレビに出まくっているか。そして、なぜ同じ様な番組を放送作家が手がけるのか。

結局、テレビというマスプロモーションに対して耐えられる芸人、タレントでなければ対価を支払うスポンサーが居ないという事に尽きます。

通常キャスティングはテレビ局や広告代理店が行い、それを元に放送作家氏が構成するのですが、大物の放送作家氏に気に入られて番組に紹介、起用される事も多々あります。
ただ、本質を見失ってはいけません。

芸人やタレントは、放送作家諸氏に気に入られて芸をやっているのではない。方向性が違おうが、現状を打破しようが、結局、視聴者が見飽きてしまえばテレビからは消えます。

これまでM-1で優勝した方々が、本当の意味で「残って」るんでしょうか?。本当に、面白い漫才を、M-1優勝時と同じテンションで披露してくれているのでしょうか?

現状のM-1は、タレントのシンデレラストーリー機能は十分果たしていると思いますが、それ故に栄光を手に入れた筈の優勝者がテレビの中で、ネタではない過酷なロケ、畑違いのキャスティングで、本来甘受しなくても良い様な困惑している状態を放ち、笑わせているのには、とても良い扱いを受けているとは思えません。

そんな、耐久消費財の様なサンドウイッチマンは見たくありません。

もし、かわら様にお願いが出来るなら、深夜でも良いので本当に「じっくりネタ勝負」の放送番組を企画して実現して頂きたく思います。

貴方の仰る「現状に疑いを持った芸人」さんでも「面白い」と思える芸人さんを是非起用して下さい。本当に面白ければ、僕は見ます。

当方過去、ラジオやテレビでかなりの数CMプランニングや作家も手がけましたが、現在は雪国で無職です。そんな人間の戯言だと思って頂ければ幸いです
投稿者:すごいですね
噂を聞いてすっ飛んで来ました。

僕にはかわらさんの今後の安定した生活が見えませんw
投稿者:名無し
敗者復活から、優勝することは論理的から不可能である。しかし、前回大会はその不可能なことが可能になってしまった。
そのことについて、かわら氏は反省するべきではないか?

「それは自分たちが気持ちいいことをやっているだけのように見える。それって、結構観客不在というか、ファン無視ってことでは?」
漫才は自己満足でもよいのでは? 自分たちが気持ちよく漫才をすることで 観客に雰囲気が伝わるということもある。
ほかの方も言っているが、客観的な評価が出来ないなら今年から辞退すべき。
投稿者:不満
視聴者は斬新な漫才を見たいんじゃありません。面白い漫才を見たいんです。日本一面白い漫才師を決める大会じゃ無かったんですか?
今の主観的すぎる審査を客観的な審査に変えられないのなら、来年からは辞めるべきだと思います。
投稿者:真剣に言わせてもらいます
>例え笑いが無くても僕が面白ければ評価は高い。

笑いが無くても面白いと感じるかわらさんのその感性に、全国のお笑いファン、そして日夜努力している芸人が迷惑をしています。
みんな、笑いたくて漫才を観ているんです。一番心から笑えた漫才師に優勝してほしいんです。

国民の求めている笑いと、かわらさんの求めている笑いにはあまりにもギャップがあり過ぎます。審査員を辞めてください。お願いします。

ここにこれだけ多くの批判の声が寄せられているのは、決してM-1が大きくなったからではありません。かわらさん、ひいては準決勝審査員の方々の選考があまりにもひどいからです。

完璧な審査をしろとは言いません。どんな審査をしようとも不満の声は上がります。でもその不満の声がこれほどまでに上がっているのに「完璧な審査など不可能だ」などという逃げをしないでください。

お願いです。審査員を辞めてください。
1|2345
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ