かわら長介 たくらだ堂

 

たくらだ堂トップページへ

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:才蔵
準決勝(大阪大会)とリターンズをNGKへ見に行った感想です。
準決勝で落ちたコンビの中には充分決勝で戦える笑いを取っていたコンビがたくさんいました。
確かに決勝に進んだ笑い飯やダイアンや千鳥は斬新なネタをやっていたとは思います。
しかし!結局は斬新なネタは当たりはずれが多いように思います。
私はリターンズも見に行きました。ご存じの通りリターンズは決勝進出者が全て登場します。
でも!私にはリターンズよりも準決勝の方がおもしろかったのです。お笑いの一視聴者に過ぎないですが、腹の底から笑えるコンビを選んでください。
投稿者:冬輝
おねがいです。やめてください。おねがいです。おねがいです。勝手な意見でごめんなさい。けど、M1からは一度身を引いてもらいたいというのが、「笑うこと」を求めている一お笑いファンからの意見です。
m−1の審査の基準が「面白いか?」なのにオリジナル性を求めないでください。
視聴者は、m−1を面白そうだから見てるんです。たいして面白くないけど、オリジナリ性がある、という漫才を見ても視聴者も、紳助さん達も納得しません。
お願いですから、今の考えを変えるかそれが出来ないのなら、審査員を降りてください。

投稿者:ゆっき〜
お願いですから、来年のM1の審査員は辞退してください。お笑い好き、一漫才師としてのおねがいです。
投稿者:Zango
この記事を見て感じたのは、必要以上に「王道」を嫌っているんだな、ということです。

私は野球好きなのですが、「人とは変わった投げ方をしろ!」「独自の変化球を持て!」という練習ばかりで、まともにストライクの入らないサイドスローやアンダースローの群れとなってしまった昔の広島投手陣を思い出しました。

確かに渡辺俊介のような独自の色を持ち、大成した選手はいます。しかし、松坂や上原、川上、斉藤和、黒田と言った「プロ野球を代表する」投手の大半はスタンダードな投げ方です。
王道=ただ投げているだけ、では無いのではないでしょうか。

稚拙な例えですが、素直に書かせていただきました。
投稿者:言いたいことは分かるけど
結局それって世間からズレてますよね??
確かM-1のコンセプトは「おもろい芸人を決める」だったはず。なのになぜ笑えなくても良いとかっていう考えが出来るのですか


でもポイズンは好きです決勝のネタは最悪やったけど
投稿者:面白くないものは駄目
お笑いは「実験」ではありません。
「素人が見て面白いこと」が絶対条件です。
いくら手法が新しくても、「面白くないものは面白くない」
あなたが押しているPOISONGIRLBANDは「素人がみると面白くない」のです。その方々を決勝に選んでしまう貴方は審査員失格です。本でも書いて自己満足しておいてください。
投稿者:悲しい人だ
世間から叩かれて本当は参っているのに、blogでは虚勢を張り続ける。

自分とは違う価値観、しかも多くの人々が共感した価値観を認められない貴方はもはや救いようのない。関西ローカル、井の中の蛙のまま人生終わらせて下さい。
投稿者:MIDI
どうして日本一を決めるはずのM-1の決勝に進出してくるコンビはあまり面白くないんだろうとずっと思っていた。おそらく吉本の芸人宣伝大会なんだろうと。だから2〜3年前からもうM-1を見るのやめていたがこのブログを読んでやっとその原因がわかった。ありがとうw
投稿者:みき
記事を読んでお笑いへの強い信念を感じました。私はレベルが低いので理解はできませんでしたが。
M1から離れてほしいです。離れなければ、こちらが離れるだけですがね。
1|2345
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ