歓喜天の城

Warhammer FB/40Kを筆頭に、ゲーム系の話題を。
Twitter:@k_kangiten
メールは"kei16あっとまーくhotmail.com"迄

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:圭
長文御免。

>大きさについて
高さ5〜6cmと書いたのは、5版ではモデルが見えているかどうかを射線が通るかのチェックに使うためです。4版ではラージモデルで良いと思います。

>効果について
自分は電波障害ビーコンの効果を「ロールして4+だと侵入位置を指定する」だと判断していました。出目1〜3で侵入位置をズラせないのも効果の内という判断です。ですので、「座標を確定する」と「出目1〜3で何もしない、4〜6で指定できる」が矛盾すると判断したわけです。

>全員が展開できる位置を指定
座標をズラしたうえ、あわよくばユニットを壊滅させられる、という「効果」も電波障害ビーコンの評価を上げることに繋がっていると思います。故意に弱体化を提案しています。

>ズラした座標で確定する
5版の縦深失敗チャートの同様の処理を参考にしました。

>効果範囲について
もともとの効果範囲が非常に大きい為、ほぼボード長辺、と想定しました。中央に置けば盤面全体をカバーできますが破壊されやすくなりますし、下げれば自陣の防御を行いつつ破壊されにくくなります。

>基点の存在しないフォーメーション
個別に判定した方が良いでしょう。

>グレーターディーモンなど
対戦相手に出現条件を説明して、その制限の中で出現させるのが良いのではないでしょうか。

これこれには何がしの判断基準がありますよ、と主張してみたりしました。

面白いのが、圭案だと効果範囲は広いまま効果をマイルドに、Sinさん案だと範囲を狭く効果を強烈にしているコトかな。お互い、何かしらの弱体化は必用と感じているのが良く分かります。

ここに書いてある事が電波障害ビーコンの全てではありませんし、もっと素晴らしい解決方法があるのかもしれません。実際の戦場でどのオプションを採用するかを決めるのはあなたです。

良いゲームが楽しめますように。
投稿者:圭
Sinさん、KTさん、ご意見ありがとうございます。
ひょっとしたら他にも意見がくるかもしれないので、オイラの書き込みは日を改めますね。

>40kプレイヤーの皆様へ
念のために書き添えておきますが、考察してみた内容は「こういうルールが正しいぜ」ではなく、「こんな意見もあるよ〜」ぐらいの弱い主張です。ガンガン踏み台にして、素敵な意見を教えて下さいね。
投稿者:KT
大きさ、効果については異論ありません。
矛盾する効果については、一定の範囲内だと縦深攻撃でずれないというのと、4+判定で投入場所を相手プレイヤーが指定する効果は別個の物で矛盾しないかと。
問題は、サモンドレッサーディーモンやサモンドグレーターディーモン、モノリスのポータルのように予備戦力として投入されるが、投入場所が限定されている場合ですね。大人しい処理としては自ターン再度判定を行うとかでしょうか。

縦深攻撃するユニットの投入場所を指定する場合
・全員が展開できる場所を指定
弱体化の妥協案としては納得出来るレベルですね。
・その場合、ズレない
通常の縦深攻撃にしても投入場所を指定しているので、ここは普通にスキャッターを振るべきかと。 

フォーメーションの扱い
まぁ、それでいいんじゃないかと。ところで基点の存在しないフォーメーション(戦闘中隊とか)は個別に判定ですかね?

効果範囲の制限
狭いボードで有効範囲が全域をカバーしてしまうのは流石にどうかと思うので、有効範囲直径が長辺に等しい(最大で192cm)というのなら問題ないかと。ただ、そういう狭いボードで無理にやらない方が良いゲームだと思いますが。
投稿者:Sin
補足です。

 上記は、アポカリプス英語版で「entry point」に対する処理として記述されているところから解釈しました。
 
1)についてはフレーバー的にも、
 @「テレポート誘導装置」で降下地点を電波(?)誘導
 A「電波障害ビーコン」が誘導電波を妨害し、誘導に失敗するかも・・・
 B4+ロール成功の場合、電波妨害を突破して誘導に成功、ロール失敗の場合、電波妨害により降下ポイントがずらされる(恐らく偽座標を受信)
 と考えるとしっくりくると思います。

http://www.bb.e-mansion.com/~sin/
投稿者:Sin
>大きさについて
 「ビークル」と明記されている以上、サイズはラージであり、実寸にかかわらずLoS解決上はラージ扱いで処理すればよいかと思います。

>矛盾する効果について
 エルダーのレイスキャノンとティラニッドのシナプスクリーチャーの関係のように、適用順序が問題になるだけで、矛盾する効果とは違うような気がします。
 この場合、順序的に、
  1)縦深攻撃のルールに従い、1stモデルの配置地点を選択
  2)電波障害ビーコンの効果範囲の判定と4+ロール
  3)縦深攻撃のルールに従いスキャッター
  4)結果としてその地点周辺に縦深攻撃モデルを配置
の流れになるかと思います。

>1.そのユニットの全員が展開できる地点
 縦深攻撃のルールでは、全員が展開できる地点を選択しなければならない、という制限ではなく、結果的に置けなかったモデルは戦死する、という扱いですから、1stモデルが配置できる地点であれば、どこを選択しても良いのでは?と思います。

>2.「投入される場所を指定」されるため、通常のスキャッターは行わず、
 電波障害ビーコンのルールは、最終的な位置を規定しているのではなく、戦場への侵入地点を変更させるという「割り込み処理」のルールですから、縦深攻撃については、「1stモデルを戦場に置く」手順に対して効果を発揮すると考えるのがクリアかと思います。

>電波障害ビーコンの効果範囲に投入されるフォーメーション
 これも縦深攻撃同様、1stモデル(コマンドタンク等)の侵入位置に対する割り込み処理と考えますから、圭さんのおっしゃるとおり、1stモデルの侵入位置に対して4+ロールでよいかと思います。

>ハウスルール:効果範囲について
 アポカリプスのルールが想定している戦場の広さを考えると良い変更だと思います。
 但し、長辺÷2だと、結局戦場のほぼ全域をカバーしてしまいますから、ビーコンから(長辺÷4)を範囲とする、だと戦場の半分程度に効果を発揮するので良いのでないでしょうか?

長文失礼しました。

http://www.bb.e-mansion.com/~sin/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ