K.Kの日記

鉄道・バスRoom管理人K.Kの日記
趣味(鉄道・バス・車)や日常の日記を書いています。

 

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

黒猫マーキー君

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:K.K(管理人)
褄陽司さま
この車を見かけたときは本当に驚きました。ただでさえ希少車だと聞くのに。
存在感はどうにも微妙な印象の車ですが、青森でも採用例があったとは。駆動方式については・・さてどうなのでしょうか(−−;
広島でギャランΣを導入していた事業者も、同じく今ではコンフォートに置き換えられています。小型専用車型がコンフォートだけになった背景には、やはり業界事情もあるのでしょうねぇ・・。

両備バスのソラビ、私自身はこのイベントで初めて存在を知ったのですが細部のデザインや装備にまでこだわりを感じました。他にもイオン発生器やらカゴ型の荷物置き場があるなど、とにかく目を惹かれる車両でした。
座席も実際にソファーを意識しているそうで、確かに飲み屋なんかでの椅子を連想しますね(笑
投稿者:褄陽司
どうも、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

ギャランΣのタクシーですかぁ。。。。今時なかなかレアな車を。。。( ゚Д゚)

青森でも10年くらい前はこの車両を結構見かけたものです。
やはり、雪国なのでFFのほうが走りやすいからではないでしょうか?

クルーも生産終了となり、そのΣを導入していた会社も結局はコンフォートへと置き換えとなりましたけれど。。。

小型タクシーは結局、コンフォートだけになってしまうのでしょうか?

ソラビの車内、外観だけでなく中身までこんなに力を入れるとは、さすが両備と感心してしまいますね。

最後部の座席は、シートというよりソファーに近い雰囲気でしょうか。
キャバクラかホストクラブでも使えそうだと思ったのは、自分だけでしょうか?w(^^;)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ