境港と足立美術館観光

2010/4/11 | 投稿者: KEKOKO

朝、外は暴風雨(笑)。長女の熱は、37度ちょいくらいに下がりました。
ここで長女自身から、なんとか観光に行けるように、おじいちゃん(私の父)に説得するように、お願いがありました。

頑固な心配暴走な父を説得するのは大変でしたが、なんとかなんとか説得して、観光することにしました。強行突破です。(それとひきかえに、私は、丸一日、父からケチョンケチョンに叱られなじられ続けることになるのですが。。。。。汗)(←これに関しては省略)

まず、ホテル出発時間を遅らせ、暴風雨の中、タクシーで米子駅まで飛ばし、予定通りの境港線に飛び乗ることができました。セーフ。(昨日のうちに写真を撮っておいて良かった。。。)境港線は1時間に1本しかないので、、、、間に合ってよかった。
クリックすると元のサイズで表示します
おっ、今日は「鬼太郎」車両ですぞ!
車両内の天井にも、絵が!!↓
クリックすると元のサイズで表示します

境港線は、ほんまのどかなところを走っていきますが、ものすごい上下振動(笑)。まるで暴れ馬に乗ってるようで、びっくり!!でも地元の中学生なんかは、平気な顔してましたから、、、、、いつものことなんですね。

一駅一駅、妖怪のミドルネーム(?)がついてまして、写真の駅は「あずき洗い駅」ですって!楽しいなぁ。↓
クリックすると元のサイズで表示します

このあたりから、ロクに寝てない私は、ボケ連発!!「傘をロッカーに入れたらアカンよ〜〜」とみんなにうるさく言っておきながら、ロッカーを閉めた後で傘がない!!と
言ったのは私。まさかな、、、と思いながらロッカーをあけたら、、、しっかりロッカー内の紙袋の中に。。。。。。無駄なお金を使いました。
クリックすると元のサイズで表示します
雨の中、まずタクシーで水木しげる記念館へ。後期高齢者と病人がいて大雨やし、仕方あるまい。
クリックすると元のサイズで表示します
記念館は、面白かった〜〜。いろんな妖怪がいっぱいいました!↑鬼太郎とおテてつないで記念撮影。

外に出ると、めちゃ寒く、命の危機を感じた父は、早々に駅に戻り暖かい場所で待機。
私と娘たちは、土産を見ながら、ゆっくり歩いて戻りましたよ。
目玉のお菓子↓めちゃリアル!!
クリックすると元のサイズで表示します

私の好きな「コロボックル」いわゆる「小さなおっさん」ですな(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

これは何?なんかの妖怪!!こんな感じでストリートのそこここに、妖怪の像が立っていますよ。
クリックすると元のサイズで表示します

あああ、ここの桜並木は、もう散っていました。残念残念。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、妖怪神社のおみくじをひきました。何の人形が出てくるかお楽しみらしいのですが、私は鬼太郎くんが出てきました!!!ラッキ〜〜。ま、おみくじは小吉でしたけどね。
クリックすると元のサイズで表示します
目玉がグリングリン回ってますよ↓。お金かかってるなぁ(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
これが妖怪神社。なんのご利益があるのかな?
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは「妖怪の泉」です。いろんな妖怪がいるぞ!!
クリックすると元のサイズで表示します
私としては↓このライトが好きでした。目玉ライト!!
クリックすると元のサイズで表示します

さて、ここでまた、寝不足私のボケが炸裂!!電車の時間を間違えて、食堂に入ってしまい、食べ物がきて数口食べたところで、タイムアウト!!またまた無駄なお金を使った私。。。それより食べ物の神様ごめんなさい。境港線は1時間に1本なので、乗り遅れ厳禁!!!泣く泣く、お店を出ました。あああああ、お腹へった〜〜〜〜〜。電車の中で、みんな爆睡。

米子でおみやげタイムをとり、シャトルバスで足立美術館へ向かいました。
足立美術館は、絵も良かったのですが、やはり庭園が素晴らしかった。ミシュラン3ツ星ですぞ。雨ながらも、すごく美しく壮大でした!!!ちょっと言葉では言い表せません。
クリックすると元のサイズで表示します
大きすぎて、私のカメラのフレームにはおさまりません。
クリックすると元のサイズで表示します
どの角度からも、美しい。素晴らしい。
クリックすると元のサイズで表示します
私の文と写真では、伝わりにくいので、興味のある方はHPを見てください。
http://www.adachi-museum.or.jp/

さて、ここでシャトルバスの時間まで、ゆっくり「こんどこそ本当の」お昼ご飯をいただきました。あああああ、美味しかった〜〜。

この時間になると、安来のあたりは暴風雨です。あああ散々(笑)。
安来駅から、やくもに乗り、予定より1時間ほど早く京都に到着しました。
やれやれ。。。。いろいろ大変でしたが、予定通り、観光出来てよかったよかった。
きっとこういう旅が、生涯忘れられないんでしょうね。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ