CD録音DAYるー&たむ

2005/3/28 | 投稿者: kekoko

充分眠れないまま、出勤ラッシュにもまれつつ名古屋を発ちました。9時半に京都に帰宅。
ごはんを食べ、シャワーをあび、着替えて、すぐに大阪池田の沢村さんのスタジオへレッツゴ〜。

今日は、るーちゃんのパーカッションと、たむちゃんのチェロを録音するのだ!待ってました!!

しかし、今日のるーちゃんには、私も感服いたしました。
参った。いや〜、勉強になりました。藤森先生。
前情報として、「るーちゃんは、おもろい娘だ」と、エンジニアの沢村さんにも話していたのですが、想像以上に彼女はすごかったらしく(いろんな意味で)、沢村さんのツボにハマッてしまったようです。沢村さんもいつもより、ニコニコでハイテンションです。

たとえば「魔女を誓う」。
るー「じゃぁ、いろんな音を入れてみますんで、間があきますが、最後までとってくださ〜〜〜い」
沢村「テイクワンどうぞ」
  ミュージックスタート
 そこへ、いきなりスタジオのドアを慌てて閉める音
     バタンッ!

沢村「あっ、ドアの閉まる音入ってしもたなぁ。消します〜。
   じゃぁ、もっぺん〜〜」
るー「・・・・・・・ドアの音〜入れました〜〜〜」
沢村「え???パーカッションとして入れたんかい!!」

       一同ひっくりかえる

もう島田さんも私も、お腹かかえてひっくりかえって大笑いしました。誰が、ドアの音を入れるでしょうか。しかもいきなり。。

     しかし、あまりにおもしろいので採用。
     (どこで使われるかは、おたのしみ)

たとえば、「いっしょにごはん」
るー「これ、クイーカーとか入れたらどうでしょうね」
沢村「じゃぁ、お願いします。とってみましょう」
るー「いや、、、、私もってないです」
沢村「うちにもないです」
るー「作りましょうか?」

      え?

るー「ペットボトルとお箸があれば、、、、」

      え?

いきなり工作しだす藤森るー。固まる松井恵子。

できあがったものは、なんだかチャッチイで、、、、なんじゃこれ。
小学生の工作の宿題でもこんなん作らんで。
るーちゃんが音を出してみると、、、ただのお箸をこする音。
それも小さな小さな音だ。
普通なら、ここで誰か止めるやろ。。

 るー「この音をマイクでとってみてください」

       え?

確信に満ちてる藤森るー。あきれる松井恵子。

録音がはじまる。音を出してるらしい藤森るー。
しかし、なんも聞こえない。音量あげても、もごもご言うてるだけ。
普通なら、ここで誰か止めるやろ。

るー「最後に出した音がいい音だったんで、使ってくださ〜い」

 引っ込まない藤森るー。うそやろ〜?と松井恵子。

しかし、そんな藤森るーワールドに、沢村さんは、超超超大喜び!!!
この音は、沢村マジックにより、なんと採用になる可能性がある。
おもしろい効果がでるかも。
そんなノリノリの沢村さんを見て、島田さんも私も、お腹をよじって大笑いしました。
あああああああ、涙が出るほど大笑いしたのは、久々かも。
藤森るーさん、あなたと友人で私は幸せものです。はい。

その頃スタジオにやってきたのが、チェロの田村賢一さん。
「約束の糸」の前半部分。入ってもらいました。
今日のパートは、島田さんのアレンジです。
たむちゃん、入念に音の調整をしてくれまして、いい演奏をしてくれましたよ。ありがとうたむちゃん!
いよいよ「約束の糸」はボーカルを残すのみとなりました。
これは、オケだけ聞いても、泣けますわー島田さん。
島田先生いわく「そやろ?へへ。ざまーみろ!」
皆さん、どうぞお楽しみに!

実は、今日はこれだけではなかったのです。
るーちゃんカレーを、作ってもらいました!!(松井は助手)
近所の市場で材料を調達し、2種のインドカレー作ってもらいました。
録音終了後は、みんなでプチパーティです。
相変わらずめちゃおいしい!!はじめて食べた島田さんも沢村さんもベタボメでしたよん。
るーちゃん、ほんとにありがとう!!
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ