素材トーン 白マット

2010/10/4 | 投稿者: 艶

クリックすると元のサイズで表示します

ネクタイの柄トーンと、

背景の木トーン貼ってみます(>Д<)ゝ☆



素材トーンからは色んなトーンが貼れます。

アミトーン、グラデ、砂グラ、感情系、模様、背景などなど。



「簡易トーン」の貼りかたより、アナログトーンと近いですが

画面に大きさを合わせたり、

コツを掴むまでちょっと難しいかも?(; ・`д・´)


つづきにてどうぞ。







1クリックすると元のサイズで表示します
 前回の記事と同様に、トーンを貼りたい部分を選択範囲で囲みます。

 今回はネクタイ。

 (レイヤー→マジックワンド→クイックマスク→

  貼りたい場所を点線で囲む→

  ランチャーの塗りつぶしバケツツールでピンクに塗りつぶす→

  クイックマスクを解除)



2クリックすると元のサイズで表示します
 PC画面上にあるメニューから、「ウインドウ」を選ぶ


3クリックすると元のサイズで表示します
 「素材」を選ぶ


4クリックすると元のサイズで表示します
 「素材」が現れます。

  トーン→色んなトーンが入ってます

  マテリアル→「素材」という意味。

        自分で作ったふきだしやコマワリや、背景や小物、

        色んなものをここに収納して使い回しできます。

  外部参照→デジカメで撮った写真や、

       ダウンロードした画像などが収納できます。 



5クリックすると元のサイズで表示します
 トーンの中にある「デフォルト」→「3Desijh」→「模様」を選びます。


6クリックすると元のサイズで表示します
 「模様」の中にある「スーツ柄01」を選択。ぐっと押します。


7クリックすると元のサイズで表示します
 ぐぐっと押したまま横に動かし、描画画面の方へドラックします。


8クリックすると元のサイズで表示します
 ぱっと離すと、ネクタイに柄トーンがくっつきました。


9クリックすると元のサイズで表示します
 ランチャーの選択範囲を解除。


10クリックすると元のサイズで表示します
 柄トーンのレイヤーが現れます。



11クリックすると元のサイズで表示します
 ネクタイ完成・・・! 


          ☆☆☆☆☆



12クリックすると元のサイズで表示します
 次は「背景トーン」を貼ります。あいてるレイヤーを選択して

 「素材」→「トーン」→「デフォルト」→「5image」→

 「空 木 自然系」→「木カケアミ白」

 ここでは、画面全体に貼るので今までのように

 最初にクイックマスクで選択範囲を取りません。 


13クリックすると元のサイズで表示します
 柄トーンの時と同じように、

 貼りたいトーンをドラッグして、描画画面で離します。

 原稿用紙全体に木トーンが貼られました。


14クリックすると元のサイズで表示します
 レイヤーパレットに木トーンのレイヤーが現れます。

 そのレイヤーの「プロパティ」を右側の三角から出します。 


15クリックすると元のサイズで表示します
 「プロパティ」の中にある「トーン」の「トーン柄を回転」をクリック


16クリックすると元のサイズで表示します
 画面上で動かすとトーンが大きくなったり小さくなったり

 ぐらぐらします。

 ゆっくりと、下や横に動かして、大きさを調整します。


17クリックすると元のサイズで表示します
 理想の大きさまで引き伸ばします。

 

18クリックすると元のサイズで表示します
 「トーン柄を移動」でちょうどいい位置まで動かします。
  
  これで、「背景トーン」貼りこみ完成です。



            ☆☆☆☆☆



    次は「白マットレイヤー」を作ります。

19クリックすると元のサイズで表示します
 レイヤーパレットの一番上にあいてるレイヤーを置きます。

 「ペン入れ」以外のレイヤーを見えなくします。

 (左側の眼球のイラストをクリックすると見えなくなります。)
        

20クリックすると元のサイズで表示します
   人物の選択範囲をとります。

 (マジックワンド→クイックマスク→貼りたい場所を点線で囲む→

  ランチャーの塗りつぶしバケツツールでピンクに塗りつぶす→)


21クリックすると元のサイズで表示します
 ペン入れレイヤーも見えなくします。 


22クリックすると元のサイズで表示します
 ピンク部分だけ残ります。まだ白い部分が残ってます。


23クリックすると元のサイズで表示します
 ツールパレットから「塗りつぶしバケツツール」を選びます。 


24クリックすると元のサイズで表示します
 白い部分にばしゃっとピンクをかけます。

 それでも残っている塗り残しは、

 「マジックツール」や「ペンツール」でぬりぬり。

 完全に「ピンクの影絵」が出来ました。


25クリックすると元のサイズで表示します
 クイックマスクを解除。 


26クリックすると元のサイズで表示します
 白レイヤーを選んでいる状態で、

 ツールパレットの描画色を「白」にします。


27クリックすると元のサイズで表示します
 ランチャーの「塗りつぶしバケツ」でさっきまでピンク色だった

 「人物影絵」(今は点線)の中に白色を流し込みます。


28クリックすると元のサイズで表示します
 ぱっと見、点線のままであまり変わりません。


29クリックすると元のサイズで表示します
 白レイヤーを「木トーンレイヤー」と「ペン入れレイヤー」の間に移動します。


30クリックすると元のサイズで表示します
 完成!!

 これで背景の木トーンが、人物に透けなくなりました。

 おつかれさまでした! (´∀`*)ノシ 
 



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ