« 桜 | Main | 函館 »

2009/4/7

桜  季節

桜 の由来

木花咲耶姫 が霞にのって、
富士山の上空へとび、花の種を蒔き、
咲いた花の名前が
「咲耶姫」・さくらと呼ばれるようになったとの事

孫の名前は =咲耶(さくら)=
木花咲耶姫(このはなさくやひめ) から命名

その「咲耶姫(さくやひめ)」
と言う桜が 京都の佐野造園にあると、
数年前に聞き 一度見たいと思っていて
やっと今年見に行ってきました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


花弁の外側はピンク色がやや残り、
やさしい花でした。

0



2009/4/12  9:44

投稿者:komichi

ありがとうございます。
孫の親たちが考えました。
「木花咲耶姫」は古事記に出てくる神の名。 絶世の美女 才色兼備 日本の女性の鏡とも言われ、
安産の神様となっているそうす。
すこしでも、あやかるといいのですが!

2009/4/11  22:45

投稿者:mood

咲耶ちゃん、きれいで優しいお名前
どなたが付けられたのでしょうか。


http://sky.ap.teacup.com/mood/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ