こもごも☆日々の思い

交々=かわるがわる。つぎつぎ。
放し、掴み、離し、感じる日々の思い。

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:びぃ
光ではなく熱を。
この言葉を聞いたとき、足りなかったのは熱だ、そう思いました。
世間の風は冷たいので、どこかで誰かに温めてほしいというのも人情というもの。。。

存在をおびやかされずに生きられる。
このことが元にあったら、ずいぶんと気が楽ですね。

対人関係の緊張感。
私もこの間までは強かったなぁ。
でも年を重ねるごとに厚顔無恥になっちゃって、
その分、緊張感が少なくなってきたかも。

今の時代の愛情のかけ方。
ほどほどというか、ほどよい愛というのが難しいね。
子どもも親も社会も不幸な時代かも。
誰かだけのせいでもないんだけど。
やっぱり、気づいた人の熱が必要なのかな。
そんなふうに思います。
投稿者:セシル
光ではなく、熱を。
本当にそうですね。
冷え性の私はとても納得しました。
(冗談はさておき)

私は、
「あなたのために」という家族の雰囲気は
感じて育ったけど、
私が、まっすぐ育たなくても、
様々な失敗を繰りかえしても、
「あなたのせいで」ということを言われたり、
そういう雰囲気を感じたことはないので、
そのことは家族に感謝しています。

「あなたのせいで」と家族に言われていたら、
きっと、居た堪れなかったと思います。

だけど、やっぱり幼い頃からの家族関係、
というか、家族全体のコミュニケーションが不全
(だけど一見、何も問題なく見える)
な環境で育ったためか、
今も、他人とのコミュニケーションに、
強い緊張を感じます。
現在は、練習中というか、学習中です。

今の時代は、親(私くらいの世代か)自身も
未熟な人間が多いから、
自分の子供に間違った愛情を注いだり、
愛情を注ぐことを知らなかったりして、
不幸な状況の子供も多いのかも知れませんね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ