2007/8/24  13:11

ミニバスがうまくなるために2!  

いい動きをするには、カラダのバランスが重要になる
バランスがくずれるとプレーの調子も悪くなる

バスケット(ミニバス)は、ほかのスポーツと比べても、大きくカラダを揺さぶることが多いスポーツです。パス、ドリブル、シュート、ディフェンス。どんな動きをするときも、カラダを前後左右に動かさなければいけません。このときに重要となるのが、カラダの”重心”です。重心とは”重さの中心”のことで、わかりやすくいえば”上半身と下半身のバランスがとれるポイント”です。例えば、長い棒が1本あるとします。この棒の端を持った場合と真ん中を持った場合とでは、真ん中を持ったほうが軽く感じられますよね? これが”重心がとれている状態”です。一方、棒の端を持つと重く感じられます。これが”重心が傾いている状態”なのです。例にあげたのは棒ですが、当然カラダにも重心があります。ミニバスをしていると「今日は調子がわるいなぁ。カラダが重たいなぁ」と感じることが必ずあります。その原因はほとんどの場合、カラダのくずれていることから始っています。逆に重心がしっかり安定して、カラダのバランスがとれているときは「調子がいいなぁ」と感じるでしょう。また、どんな動きをしているときでも、カラダのバランスがいいと周りの人からも美しく見えます。そして、美しく見えるプレーというのは、シュートにしろドリブルにしろ、非常に役立つのです。

「調子が悪いなぁ」と思うときは、丹田(おへそから5cm下あたり)を少し押さえてグッと力を入れてみて下さい。それだけでカラダのバランスがとれて、調子がよくなることがあります。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ