2007/12/28  21:10

中国ミニ  

12/27・28の二日間、大和ミュージアムで有名な広島県呉市で開催された第27回中国ミニバスケットボール交歓大会に審判員として参加して来た。まずは山口県から出場した柳井は優勝(チームは初だか山口県勢としては4年連続)、高千帆は緊張からかいつものプレーが出せず予選リーグ2敗であった。
今大会は地元広島勢の活躍が目立ち4強には柳井を除く3チームは全て広島のチームであった。色々な試合を見て言える事は、しっかりしたガードがいるチームが勝ちあがっている(リュウにサリー頼みますよ)、パスがきちんと出来ている、シュートの確率も高いが際立っていた。ディフェンス面はゾーンやハーフに下がって守るチームが多く少し残念な内容に思えた。先日も書き込みましたが九州のチームの前から激しく当たるディフェンスをミニバスの段階ではやってほしいと思います(琴芝はこのスタイルですよ。しっかり頑張れ)
さあ今年も残すところ3日となり練習も2回となりました。ただ練習あるのみです。残り3大会を「全戦全焼」(どこかで聞いた言葉ですが・・・)目指して頑張ろう!

下記は呉市の観光名所の『てつのくじら館』です(本物の潜水艦は凄いスケールでした)
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ