2008/8/13  13:00

第26回大林スポーツ杯  

8/9に開催された第26回大林スポーツ杯争奪ミニバスケットボール大会に参加した

チームも色々とあって新生チームの初試合であったが剥離骨折のテンを欠く布陣で臨んだ

初戦の桃山戦は良いスタートが切れ、2Q終了時はリードして折り返したが3Q目にちょっとした事からミスを連発、リバウンドやルーズボールは取れない等で逆に10点差をつけられた

4Q目は再度集中して頑張ったが2点及ばず敗退してしまった。

琴芝黒石●32−34○桃山A

敗者戦の岬恩田戦は6月の一二三杯では大敗した相手、新生チームで頑張った。

ゲームは一進一退の状況で進んでいったが4Qに主力が退場し、控えが出場。しかしみんな良く頑張り7点差での敗退だった。

琴芝黒石●23−30○岬恩田A


みんな幾つかは進歩のあった内容だった。そんな中で控えの子の頑張りが目を引いた。
また6年のマユの頑張りは見本となるものだった。

課題もたくさんある。リバウンド&ルーズの奪取、ディフェンスの徹底など・・・。
これらを改善して更にレベルアップを図っていこう
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ