2006/8/25  0:46

世界バスケ  

8/24、滅多に見れない世界選手権なので会社を休んで広島に観戦に行って来た。広島には日本チームもおり始めて日本チームの試合を見ることができた。
1試合目のドイツVSアンゴラは再々延長の末ドイツが勝利し2位の座を獲得した。第2試合はパナマVSニュージーランド、この試合でパナマが勝利すれば日本も決勝トーナメントに進出のチャンスがあったがニュージーランドが10点差で逃げ切った。広島ラウンド最後の試合は我らが日本とFIBAランキング4位のスペイン、最初こそ折茂選手のシュートが決まるも徐々に話されていく。まあシュート確率の違いとゴール下の支配力の差かな。昨日の18点差をひっくり返された事が影響あるのか。結局55−104の大敗であった。でも技術や審判の面では色々と学ばせてもらいました。これからの指導に役立てたいと思います。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ