2006/10/8  23:25

JCヤングスポーツ大会  

今日は俵田翁記念体育館で第32回JCヤングスポーツ大会があった。結果から言うとAチームは3位入賞だったけど内容としたらイマイチだった
まずは一回戦の恩田戦・・・大林杯で大差で勝っているからか安心した気持ちが裏目に出てスタートから苦労する。守れない、リバウンドは相手の5番に取られぱっなし、走れないの「ないない尽くし」だった。幸いにも相手がミスをしてくれて前半は13−6で7点リードで折り返す。3Qはもあまりパッとしない中24−13の11点リードで終わった。4Qは相手が疲れからか足がとまり得点を重ね39−15で勝利したが課題をたくさん残す内容であった。この反省を踏まえて準決勝の桃山戦、少しは考えてくれて1Qは11−6で5点リードする。2Qは相手に0点に抑えられ11−13の2点ビハインドで折り返す。これが相手を本気にさせた。またまだ力の差はある。最終的には15−39での敗退だったが大林杯の桃山戦よりは上達したような感じだった。
でも気迫溢れるプレーがまだまだある。本当にハートをしっかり持とう。
Bチームは赤瑛美が休みだったので6人で良く頑張ったと思う。厚東戦は出だし7−0でリードするも相手のベスメンが出てきたら身長は違うは、スピードは違うはで9−29で敗退、2試合目の上宇部B戦は前半は0点だった。後半は頑張り15点とったが15−18で敗退してしまった。明日は6年生はグローアップ講習会がある6年生3人がこの講習会で何かをつかんでほしいものです。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ