2006/11/6  0:04

宇部ときわライオンズ杯  

今日は第25回の宇部ときわライオンズクラブ杯ミニバスケットボール交歓大会があった。我が琴芝チームはCブロックへの出場であった。結果は予選リーグ1勝1敗だったが内容が全く駄目だった。なんてってたってとにかくリバウンドが取れない。スクリーンアウト、ジャンプ、キャッチ、反応すべにおいてだめだった。特に5・6年生にはマンネリ化してやる気がゲームの中で表現出来ていない。練習さえしていれば試合に出れると言う気持ちの持ちようでは全く駄目だ。もっともっと頑張って欲しいと思います。
今までは監督も口にはしていたがなかなか実行に移さなかったが今後はやる気が見られない者は試合に出さない、鬼になって接して行こうと思います。4年以下の頑張りに5・6年生はうかうか出来ないと思いますよ。
先週、日本一のチームの練習ビデオをみて、サルマネみたいにして取り組んでいるが何が大事かをもっともっと考えて欲しいものです。
今日はキャプテンの選手宣誓は良かった。しかし司会の2人に緊張感が足りない。もっともっと真剣に取り組め。
0



2006/11/11  21:19

投稿者:監督

ぽんママさん、書き込みありがとうございます。多分意味はわかっていないでしょうね。指導者の人がどういう事かしっかり教えてあげないといけませんね。メンバーの半数が低学年って大変でしょうが結構楽しい事もありますよ。将来に期待して子供たちを見守ってあげて下さい。

2006/11/11  21:13

投稿者:監督

ぽんママさん、書き込みありがとうございます。多分意味はわかっていないでしょうね。指導者の人がどういう事かしっかり教えてあげないといけませんね。メンバーの半数が低学年って大変でしょうが結構楽しい事もありますよ。将来に期待して子供たちを見守ってあげて下さい。

2006/11/11  0:50

投稿者:ぽんママ

小3の娘がミニバスがんばってますが スクリーンアウトとか意味がわかってるのか?で うちのチームは、高学年が少なくて メンバーの半数が3年生だから 試合となると問題ばかりで...



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ