2014/9/24

地元の歴史04  図書室

今回は阪急崇禅寺駅の「コンクリート」について。
写真3枚の説明です。
(下)前回も紹介した昭和30(1955)年頃の崇禅寺駅。ホームの端に駅舎にいたるスロープがみえる。
(中)昭和32(1957)年頃の崇禅寺駅。同じく飛鳥人権文化センターのホームページに掲載されていたもの。この写真でもホーム端のスロープがみえる。
(上)現在の写真に当時の駅舎の位置を想像して赤線で描いたもの。

上記ホームページに、以下のような崇禅寺駅についての紹介がありました。

南方駅〜崇禅寺駅の間には、以前にはS字カーブがあり、通過速度が制限されていた。これを解消するため昭和30(1955)年に改良工事に着手し、同年、新路線への切り替えを果たした。これにより京都線のスピードアップが実現。崇禅寺駅にはかつて構内踏切があったが、都市整備の進行に合わせてお客様の数が増加したため、安全と利便性を重視して、昭和50(1975)年末に駅整備は地下道内に移された。

上の紹介文にもあるように、昭和50(1975)年末に、現在も淡路方面の下りホームで利用している地下道や改札口が完成したとのこと。
以上のことから、写真(下)(中)の駅舎やホーム端のスロープ、構内踏切はこのときに撤去されたと想像されます。
この駅舎とホーム端のスロープがあった部分に、現在の「コンクリート」部分が延伸されたホームとして増設されたはずです。

ということで、写真(上)で、昭和50(1975)年末より以前にあったスロープと駅舎、構内踏切の位置を想像して赤線で描いてみました。非常にみにくいですが、
(A)ホーム端のスロープ
(B)駅舎(駅舎は淡路方面の下りホームにしかなかったはず)
(C)駅構内にて梅田方面のホームへいくための構内踏切
ということになります。

次回は上の紹介文にあった「南方駅〜崇禅寺駅の間には、以前にはS字カーブがあり、通過速度が制限されていた」と気になる記述があったので、それについて探求したいと思います。○○・○・

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ