2015/4/26

柴高に咲く花たち(1)  学校紹介

 柴島高校の敷地が広いことを以前のブログでお伝えしましたが、草花や樹木の種類が豊富なことも我が校の特徴の一つでしょうか。時間を見つけては「柴高に咲く花たち」と題してこれからいろいろと紹介してみたいと思っています。

 まず第一弾として正門入ってすぐ右の福祉棟前に咲くハナミズキです。かの有名な歌の歌詞にあるように、まさに「空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと」「薄紅色のかわいい君のね」状態の写真を撮影することができました。可憐なイメージとは裏腹に、庭木や街路樹に採用されるなど、かなり根性のある樹木らしいです。アメリカ原産のハナミズキ日本初登場は、1912(大正元)年に当時の東京市長であった尾崎行雄が、アメリカ合衆国の首都ワシントンへ桜を贈った際、そのお礼として1915(大正4)年に贈られたのが始まりとのこと。日本史の教科書にも登場する「タカジアスターゼ」で有名な高峰譲吉もこの件で大きな役割を果たしています。開花期は4月下旬から5月上旬で、ちょうど今からが盛り。各所で咲き誇ったハナミズキを楽しむことができます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ