2015/6/30

絶妙な配置  授業・HR

 先日ブログにもあった音楽図画工作で作成されたペーパーレリーフのカレンダーの作品をみて、つくづく目や口のパーツの位置で表情が変化するんやと感心した。特にこの3作品は絶妙な表情をしており、これをみた保育園や幼稚園の生徒はその豊かな表情に魅せられるのではないかと思う。もしも目の位置が1ミリでもずれていたら、また違った印象になるのだろう。進路希望が保育系の生徒がこういう授業を選択することにより、早い時期から自分が向いているか向いていないかがわかる。これも総合学科のメリットかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ