2015/11/28

我、久々に食す  学校紹介

 先日のブログで紹介した正面玄関に実り誇っているキンカン。久しぶりに学校になる実を食してみた。あまりの酸っぱさに絶句。あきません。ダメでした。以下「キンカン」のプロフィール。「季節の花300」より。

○蜜柑(みかん)科。
○中国原産。1826年に、中国の商船が遠州灘(静岡県沖)で遭難し、漂着して清水港に寄航した際に、船員が、助けてくれた地元の人に砂糖漬けの金柑果実をプレゼントし、そのタネが育って、日本で広まった。

○7月頃に花が咲き、8月頃までに実ができる。実の表面はスベスベ。冬頃に黄色くなる。実のサイズはみかんの小型タイプ。皮がついたままでも食べられる。

○柑橘(かんきつ)系のいい香り♪
○のどあめとしても使われる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ