2016/2/1

ストーブ好評  学校紹介

 1月28日(木)から2月3日(水)まで、3年生は高校生活最後の「期間内考査」。「期間内考査」とは普通校の「定期考査」にあたり、当然3年生は授業はない。

 3年生全員が受験する「現代社会」や「マナトレ」(1年間かけて毎朝8時30分からの10分間で取り組んできたもの)の考査や、選択科目のうち2・3年生合同科目や、講座が複数ある科目などの考査が行われる。

 よって必修以外で講座がひとつしかない科目は、「期間外考査」が1月21日(木)から27日(水)にわたって授業内で実施された。この本校独自の考査パターンは、説明してもなかなか分かりずらいかもしれない。

 選択科目の取り方によって、「期間外考査」の方が「期間内考査」より試験科目数が多い生徒もいる。「期間内考査」中に生徒によっては3、4科目しかなく、期間中に2日ぐらい休む生徒もいる。1科目だけのためにわざわざ登校する生徒もいる。1時間目が終わったら帰る生徒もいれば、3時間目から登校する生徒もいる。それも一斉でなく三々五々。

 担任した時、クラスの生徒に「進学希望先やけど、オープンスクールだけでなく、普段の学校の雰囲気も見といた方がええで」と、例えば本校が月曜日が代休の時に一度来校してみよと勧めたことがある。

 それと同じように中学生やその保護者が本日来校されたら、「なんと遅刻の多い学校か」とか「なんと早退の多い学校なんだ」と誤解されるかもしれないが、上記のことからそんなことは決してないのであります。


 試験を受験している友人を食堂で待つ3年生。ストーブの周囲に群がっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 先生方もストーブの近くでほっこりしながら食べている。
 
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ