2016/2/24

続・浪商  学校紹介

クリックすると元のサイズで表示します

 先日ブログで紹介した「浪商」について、さらに調査を進めようと東淀川図書館で記念誌的なものを探したが発見できず。途方に暮れていたところ、なんと本校職員室の自分が座っているところから10mもしない本棚に『創立90周年記念誌 学校法人浪商学園』(平成23=2011年)なるものを発見。まさに「燈台もと暗し」である。

 記念誌に掲載されている創立から戦後にかけての記述は以下のとおり。

第1章 1921〜1940年

(創立記念日)

 学校法人浪商学園の創立記念日は、11月15日に制定されている。これは90年前の大正10(1921)年、当学園が大阪府より浪華商業実修学校として認可を受けた日で、学年が第一歩を踏み出したことを記念する日である。

 その生誕の地は、大阪市天王寺区堂ヶ芝町(当時の南区細工谷町)である。校舎は工場の建物を間借りしたもので、夜間部として発足している。当時の新聞には「夜学生募集」の広告が散見できる。

(乙種から甲種へ)

 大阪市南区(現中央区)瓦屋町への移転を経て、大正13(1924)年4月、大阪市東淀川区山口町(阪急崇禅寺駅前)において、文部省告示第253号をもって甲種商業学校規程による浪華商業学校として認可を得た。当初は、高等学校卒業を入学資格とする3年制コースであった。
 
 マッチ工場の建物を改装した仮校舎ではあったが、当時の言葉でいう乙種から甲種への格上げであり、関係者の喜びがしのばれる。

 認可以降も本校者の建築は遅れ、その後、啓発小学校跡地等での仮校舎生活を余儀なくされた。

(夢ふくらむ本校舎落成)

 大正15(1926)年5月、東淀川区国次町(現淡路本町)に待望の新校舎が竣工した。淡路時代の幕開けである。同月、尋常小学校卒業を入学資格とする5年制の併置も認可され、(中略)

 この大正15年は、野球部が大阪の代表として全国中等学校優勝大会に初出場した年でもある。これ以後、毎年のように甲子園出場を果たし、野球の名門校として全国にその名を知られるようになった。優秀な生徒も集まるようになり、志願者も年を追って増加した。(中略)

(校舎焼失と復興)

 昭和9(1934)年11月20日、原因不明の出火により国次町の校舎が全焼した。急きょ、高等商業学校の校舎(東淀川区大隅通)の一部を仮校舎として授業を再開したが、(中略)

 昭和10年8月30日に就任した野田三郎校長は、校舎の復興に着手、11年9月1日に第一期工事が完了し、校舎は国次町に復帰した。(中略)


○なんといっても驚くのが、仮校舎とはいえ、「大正13(1924)年4月、大阪市東淀川区山口町(阪急崇禅寺駅前)において・・・浪華商業学校として認可を得た」「マッチ工場の建物を改装した仮校舎ではあったが、・・・」という部分。

○現在、崇禅寺駅前でマンションの建設工事が行われているが、おそらくそのあたりに「マッチ工場の建物を改装した仮校舎」があった。記念誌には下の写真が「崇禅寺仮校舎」として紹介されている。

クリックすると元のサイズで表示します

○例によって「山口町」の名残を確かめるべく、崇禅寺駅前の電信柱に注目する。半信半疑で行ってみたら、ありましたで、ありました。やっぱりありました。ほんまに電信柱のプレートは面白い。感動しました。

○ここらへんに、上の写真で紹介したようなレンガ造のマッチ工場があったんだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以下次号



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ