2016/3/14

3月14日 犬千代のつぶやき  学校紹介

 本日も入試業務。在校生は登校禁止。

 ヨシオ&犬千代「今日も頑張ってください」

 雨の中でたたずむ犬千代が何かつぶやいている。

クリックすると元のサイズで表示します

雨にも負けず
風にも負けず
花粉症にも初春の寒さにも負けぬ
丈夫すぎるプラスチィック製のからだをもち
欲はなく
決して怒らず
いつも静かにウエルカムしている
一日にクリームパンと
アンパンと少しのドッグフードを食べたいがかなわず
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり
そして忘れず
柴高の正門入ってすぐの掲示板の陰の
大きなプランターにいて
東に病気の柴高生あれば
行って看病してウエルカム
西に疲れた柴高生あれば
行ってその通学カバンを背負ってウエルカム
南に悩める柴高生あれば
行ってこわがらなくてもいいからウエルカムといい
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろウエルカムという
日照りの時は涙を流したいが流せず
寒さの夏はおろおろ歩きたいが歩けず(てゆうか「寒さの夏」って意味わからんし)
みんなに「犬千代」「犬千代」と呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず
でも柴高生の癒しとなっている
そういうものに
我輩はなりたい

着想 『雨ニモマケズ』 宮沢賢治 1896(明治29)年〜1933(昭和8)年

以下次号

クリックすると元のサイズで表示します

 午後より雨が上がり、夕刻、西の空は茜色に染まった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ