2016/6/9

ボンザマーガレット、丸刈り  学校紹介

 さすがのボンザマーガレットもこの暑さで元気がなくなってきた。

 本日ボンザを丸刈りす。いわゆる「切り戻し」というやつで、梅雨や真夏を乗り切るための必要不可欠な処置だ。

 しばらくすると、また黄色く満開するボンザマーガレットを楽しむことができるはずだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 ビフォー

クリックすると元のサイズで表示します

 アフター

クリックすると元のサイズで表示します

 サンパラソルジャイアント

 同じ時期に本校にきて、同じ培養土で同じ鉢に植えたのに、なぜこんな差がついたのだろう。右から2番目は、枯れる寸前である。このあたりは人間の寿命と似ている。

クリックすると元のサイズで表示します

 咲き誇るアジサイ。残念ながら7月の保護者懇談会の頃は、花は散っているだろう。その代わりに、正面の花壇に5月の総会後に植えたクチナシが匂ったらええのになあ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 上の写真の正体不明の毛虫は誰からもリスペクトされないが、なぜ系統は同じモンシロチョウは多くの人から認知されているのだろうか。

 例によって4Kで撮影。アズーロコンパクトの上から飛翔するモンシロチョウ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 昨年裏庭で植えたキキョウ(桔梗)が開花していた。越冬したらまた花が咲く多年草(宿根草)ということで購入したが、すっかり忘れていた。その後、来校した作業員の方がこの辺りの雑草を抜いてくれたが、それもスルーして生き抜いてきたのだ。すごい。

 ちなみにこの花の形をモチーフにした家紋が「桔梗」で、歴史上の人物では明智光秀が有名。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ