2009/4/17

学校開き  一般

柴高の学校開きは、「自分らしくあるためには何が必要かについて、みんなで学び、考えるための集会です。」 今日は、5人の生徒代表者が自分の進路や目標、立場、背景を語ってくれました。安心して自分を表現でき、違いを認め尊重する柴高の仲間づくりの大切な行事のひとつです。生徒会のまとめのことばを引用します。「一人一人が自らの思いや考えを述べる機会があるこの柴島高校を、私は誇りに思うし、守っていきたいと思います。」柴高のよき伝統を引き継いでほしいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ