2016/6/28

子どもの発達と保育   授業・HR

昨日は家庭科の教育実習生(本校36期生)による授業でした。
「乳幼児の食事」をテーマに、離乳食の食べ比べ・手づかみ食べに適したおにぎり作りを行いました。

まずは、離乳食の食べ比べ。
市販の離乳食4種類を食べ比べ、発達段階に適した順を考えるというものです。高校生が普段食べているものより薄味で柔らかく、「おいしくない」「こんなもの自分が食べていたなんて考えられない」と口々に言う生徒たち。発達段階による食事の変化や、咀嚼、消化機能の変化についてしっかりと学ぶことができたのではないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、手づかみ食べに適したおにぎり作り。
1歳程度の子どもが食べることを想定して、どのようなおにぎりが適しているかをグループで考え作りました。大きさ・形・柔らかさなど、様々なことを配慮しつつおにぎりを作り、どのような点に気をつけたのかを発表し合いました。こちらの課題でも、生徒同士で話し合いをしながら楽しく学ぶことかできました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次回の授業からは、布芝居(紙芝居の布ver.)を作ります。ストーリーもデザインも考えるのはのは全て生徒たち。どんな作品ができるのか楽しみです。また進捗状況をお知らせ致します。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ