2016/11/15

さすが『君の名は。』!!  学校紹介

 これまた本日の「産経ニュース」から耳寄りなニュース。

 アニメ映画「君の名は。」が前週末の映画興行ランキングでまた首位となり、公開以来の興行収入は13日現在で184億9000万円に達した。今月中に「もののけ姫」(193億円)を、年内には「ハウルの動く城」(196億円)を抜いて歴代2位に浮上することがほぼ確実な勢い。配給元の東宝では上映期間の越年も決めており、予想外の怪物作品はさらに動員を伸ばす。

 興行通信社によると、12、13日の土日2日間での動員は19万人で、興行収入は2億5900万円だった。1週間で5億2100万円を稼いだ。さすがに上映から今週で12週目とあって、1週間の興行収入は減少傾向にあるものの、ドル箱状態は続いている。

 1週間5億円前後の興行収入ペースが続けば、あと2週間で「もののけ姫」を、3週間で「ハウルの動く城」を抜く計算となる。(以下省略)


 映画の「興行収入」とは「映画館での入場料から得られる売り上げ合計のこと」で、昨今の「映画離れ」というか「映画館離れ」の中で、今年の8月26日の公開から2か月半余りの間に、わざわざ映画館まで足を運びあの美しい映像を巨大スクリーンで見た人が合計「184億9000万円」も払ったということ。

 ちなみに今までの日本の歴代興行収入ランキングは以下の通り。

第1位 「千と千尋の神隠し」(2001) 308億円
第2位 「タイタニック」(1997) 262億円
第3位 「アナと雪の女王」(2014) 254億円
第4位 「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001) 203億円
第5位 「ハウルの動く城」(2004) 196億円
第6位 「もののけ姫」(1997) 192億円
第7位 「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」(2003) 173億円
第8位 「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(2002) 173億円
第9位 「E.T.」(1982) 163億円
第10位 「アバター」(2009) 156億円

 すでに「君の名は。」は上記の第7位に食い込んでおり、今度どこまで興行収入をのばすのか興味がある。そして「君の名は。」で描かれたような「光の演出」を目標に、写真を撮影し続けるのである。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ