2016/11/29

観光学フィールドワーク 長岡天満宮(1)  授業・HR

 本日2時間目終了後に天気予報とおりに「晴れ宣言」「13時体育館下集合」の放送をしたにもかかわらず、12時45分昼休み開始と同時に小雨が降ってきた。大至急「雨雲ズームレーダー」をのぞくが、大阪から京都にかけて雨雲は皆無。予定とおりフィールドワークを決行したが・・・。

 暗雲たちこめる中、裏門から阪急崇禅寺駅へ。長岡天神駅まで片道320円。

クリックすると元のサイズで表示します

 長岡天神駅から徒歩5分程度で長岡天満宮に到着。右に八条ヶ池を見ながらサクラ並木を歩く。春満開の頃にも来てみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 4月末に真紅の花を咲かせる樹齢130年のキリシマツツジが連なる中堤。生徒に満開の頃の美しさを力説する。

クリックすると元のサイズで表示します

 本校にある植物パネルと同じ会社のものがあった。

クリックすると元のサイズで表示します

 一瞬、日が差して「きたでーっ」と歓喜したのもつかの間、再び曇天の空に戻ってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 嗚呼、青天なら写真のように生徒の並んだ背後から、新海誠的な木漏れ日と陽光に透かされた紅葉、そして生徒たちのシルエットを撮影するはずだったのに。我、曇天を恨む。

クリックすると元のサイズで表示します

 紅葉公園「錦亭苑」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 なぜ「天満宮=天神さん」にこの動物がいるかは、体育館下で配布したプリントに掲載されている。絶対に見るべし。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 陰気くさい曇天にもかかわらず団子をほおばり満足げな彼女らを見て、「嗚呼、なんで今日は快晴ではないのだ」と悔しい思いがますます募ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

 ボードの上を人が歩いただけで、水面で口をパクパクさせるコイの大群

クリックすると元のサイズで表示します

 再び「錦亭苑」にて 広角レンズが威力を発揮する。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 花菖蒲の整備をする係の人 公式HPに2009年5月の写真が掲載されており、むちゃくちゃキレイ。一度見るべし。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 その場で焼いてくれた団子に大満足の面々。彼女らの満足そうな顔を見て、観光学のフィールドワークには「グルメ」が必要不可欠であることを再認識する。

クリックすると元のサイズで表示します

 このマーク(家紋)、プリントの問題の答えですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

 カマキリぐらい手で触れんでどうする。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 嗚呼、何度でも言おう、午後から晴れやったんとちゃうんかい!! 今日のフィールドワークがきっかけとなり、各地の紅葉の名所に興味を持ってもらえたら嬉しいです。今度はぜひ天気のいい日に、満開の花の数々を楽しんでほしいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ