2016/12/30

2016年 ベストセラー単行本  学校紹介

 年末になると必ず目にするその1年を振り返ったランキング。今日は2016年によく売れた単行本(フィクション)を[日本出版販売株式会社]のホームページから見てみよう。

〇「単行本」とは、文芸誌で発表された作品をきれいなハードカバーでまとめたもの。価格は高いが保存しやすい。たいてい1〜2年後に安価な文庫本として出版される。

〇「フィクション」=作り話 虚構 創作

(1)君の膵臓をたべたい 住野よる 1,512円 双葉社
(2)羊と鋼の森 宮下奈都 1,620円 文藝春秋
(3)コンビニ人間 村田沙耶香 1,404円 文藝春秋
(4)火花 又吉直樹 1,296円 文藝春秋
(5)また、同じ夢を見ていた 住野よる 1,512円 双葉社
(6)コーヒーが冷めないうちに 川口俊和 1,404円 サンマーク出版
(7)カエルの楽園 百田尚樹 1,404円 新潮社
(8)陸王 池井戸潤 1,836円 集英社
(9)危険なビーナス 東野圭吾 1,728円 講談社
(10)人魚の眠る家 東野圭吾 1,728円 幻冬舎

 まず目を引くのが『君の膵臓をたべたい』。「そんなん言われても困るわ」としか言いようのない、あまりに煽情的なタイトルに唖然とする。話のあらすじは以下の通り。アマゾンより。

 偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

 病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語。全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!


 なぜ筆者はこんな題名にしたのか読んだら分かりそうだ。柴島の図書室は新刊も積極的に導入しているので、もしかしたらあるかも。新刊目当てにやってくる教師もいるので、興味を持った人は早めに借りることをお勧めする。

 ベスト10に2作品もランクされた「住野よる」さんは、なんと大阪府在住。高校時代から執筆活動をしていたということで、生徒諸君の中にそんな活動をしている人がいたら、「住野よる」さんを目標にすればよい。

 大阪といえばなんといっても「東野圭吾」。相変わらずの人気で2作品もランクインしているが、バリバリの大阪人で、生野区で生まれ阪南高校から大阪府立大学工学部に進学している。「東野圭吾」ファンなら、作品の中に大阪を舞台にしたものがあるのを知っているだろう。

 この冬休み、本屋や図書館でなんでもいいから手に入れて、じっくり読んでほしいものだ。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ