2018/2/22

卒業を控えた3年生の感想(16)  一般

 私が一番印象に残っているのは「学校開き」です。初めて味わう雰囲気、空気はとても印象深かった。自分のことを話すなんてそんな文化がない世界で生きてきて、高校に入って初めて自分の考えがくつ返されました。

 「真剣に話している人の話を真剣に聞く」「リスペクトしあう」

 私はこの柴島スタイルが大好きです。全校生徒に向けて話しかける。それを全員が全員、真剣に聞く。こんなに素晴らしいことはないと思います。

 そして今まで知らなかったことや自分の考え、すべてをリスペクトしあいながら人の話を聞けるようになりました。

 この素晴らしい行事をもっと多くの人に味わってもらいたいと、心の底から私は思います。

 今年度の「学校開き」は4月13日(木)の5・6時間目。入学式が4月10日(月)なので、今年度の新入生43期生からすると、入学してから4日目のことだ。

 本校パンフレットには「学校開き」のことが「入学して間もない1年生に先輩の2・3年生が、今まで経験してきたことや自分の立場・考え方などを全校生徒に話します」と紹介されている。卒業を控えた3年生で、この「学校開きが一番印象に残った」と書いている生徒が数多くいる。

 この「学校開き」で新入生は、「自分の今までの人生の中で、こんなマジな話を全校生徒の前で堂々と言う人に初めて出会った」とか「こんな話を誰も嫌がることなく全員が聞き入っているとは」、そして知らず知らずのうちに「自分もこんなに真剣に話を聞いていたとは」などと、入学数日目にして印象深い経験をする。

 その経験を受けて、新入生は1泊2日の「HR合宿」で自分を語るのである。ここで自分を語ることができるのも、上記生徒も書いていた「真剣に話している人の話を真剣に聞く」「リスペクトしあう」という雰囲気を「学校開き」で感じたからこそだ。

 「自分を語る」といっても内容は各人さまざま。中には自分の家庭や中学校時代のことを泣きながら話す生徒や、明るく高校生活の目標を言う生徒、将来の夢を長々と話す生徒や、本当にさまざまだ。

 決して「マジ」な話をしなさいと強制することはない。「君の場合、これをみんなに知ってもらったら気が楽になるかも」と促すことはあるかもしれないが、あくまでも本人の気持ちが優先である。中には1年の時はクラスメートの前で言えなかったが、2年生になって「学校開き」で全校生徒の前で話をすることができた生徒もいる。

 かといって柴島はオールマイティではない。全員にとってパラダイスでもない。未完成な人間集団であるがゆえに、自分たち教師が知らないところでいろいろなトラブルがあるかもしれない。しかし、少なくとも上記生徒曰く「真剣に話している人の話を真剣に聞く」「リスペクトしあう」という伝統が存在し続ける柴島で、そんなトラブルに遭遇しても負けずに乗り越えたり、じっくり話し合って解決するなどで、「大人への道」を養ってほしいと思う。

 自分を語り、それを受け止めてくれるクラスメートの信頼を感じながら、安心かつ充実した高校生活を送ってほしいものだ。 

 詳細は昨年の2月5日にアップした「卒業を控えた3年生の感想(2)」をご覧ください。

 下の写真は2009年4月17日 ブログより

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ