2018/12/19

ジャパンスタディズ しめなわを作ろう  授業・HR

12月18日はしめ縄を作りました。材料はオーソドックスに稲わら。最近は稲わらのかわりにレモングラスなどのハーブ系植物を使ったり、紙や毛糸で縄部分を作るものもあるようです。しめなわに使う稲わらは特別で、きれいな色で仕上がるように、まだ青いうちに手で刈ったものになります。

稲わらに水をかけてたたいてから、いよいよ縄をなっていきます。初めてで不安もあったようですが、動画を見ながら、一人で、友だちとなどそれぞれのスタイルで取り組みました。

今回は輪っかにして針金で止めて輪飾りにしました。さらに、飾りとして金色の扇と紙垂も作りました。紙垂は以前に授業で勉強した和紙を使いました。稲穂と作った飾りをつけて完成!

しめ縄飾りはお店に行けば小さめのものから数千円以上する豪華なものまでありますが、手づくりでも充分素敵なものに仕上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

生徒の感想より
・ふだん、家で輪飾りを作ったり、飾ったりすることがないので、新鮮で面白かった。

・あ〜もう正月なんだなあとしみじみ実感して、季節を味わうことができました。

・動画を見たかぎりでは案外簡単そうに見えたけど、いざやってみるとしめなわの縄をなっていくときがとても難しかった。

・しめ縄の飾りも、ちゃんと一つ一つ縁起の良い意味があることをはじめて知った。

・一人で編むのは難しかったので二人がかりで協力してやったらできた。一人でやる人はすごいと思う。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ