2019/2/14

「人体と看護」 ボーニー完成  授業・HR

「人体と看護」では、3年生が抜けた後、2年生2人でペーパークラフトの骨格模型を作成しました。
その名も「ボーニー」。
身長160cm、手足は可動式で、頭蓋骨内部の鼻甲介まで再現されている、精巧な作りの模型です。
合計8時間を費やしましたが、最後の2時間は「生物の形態」を選択している生徒2名も応援に来てくれて、ついに完成させる事ができました!
現在ボーニーは、福祉棟のエントランスで皆様をお出迎え中です。
ぜひボーニーに会いに福祉棟に来て下さい!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ