2019/3/3

2年生協働 道の凸凹を埋めるA  授業・HR

昨日、3月2日(土)に協働とPTAがコラボした企画のひとつ、校舎のまわりの道の凸凹を埋める企画が実現しました。前の記事のとおり、準備からかなり大がかりでしたが、生徒が主体的に行動したおかげで実現に至りました。

当日は協働メンバーと助っ人で男女硬式テニス部の生徒、監修をお願いした左官職人さん2名とPTA役員、保護者、教員の計20名ほどで作業を行いました。

まずは作業の説明。
クリックすると元のサイズで表示します

埋める場所の掃除をします。
クリックすると元のサイズで表示します

地面を水で濡らして、
クリックすると元のサイズで表示します

モルタルと地面がくっつくように、ハイフレックスという糊の役割をする塗料を塗ります。
クリックすると元のサイズで表示します

地面を埋めるモルタル作り。まずは砂とセメントを混ぜて、
クリックすると元のサイズで表示します

パーフェクチンという着色料と水を入れてモルタルを作ります。
クリックすると元のサイズで表示します

ここまで1時間弱。いよいよ埋める作業です。詳細は次の記事で。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ