2019/9/4

人体と看護 薬剤師講演  授業・HR

昨日、人体と看護の授業では、薬剤師さんに来ていただいて、薬の基礎知識について実践を交えながらお話しいただきました。
カプセル錠を開けて中を見たり、吸入器からどのように薬液が出るか、お薬に味付けをするフレーバーはどんな味か試したりして、お薬についてじっくり見て、触れて、味わって学ぶことができました。
また、糖尿病の患者さんに使用するインスリン注射の使い方を学び、お腹に見立てた模型に実際に注射をする体験もしました。
手技を理解するとともに、患者さんの痛みや思いを想像し、どのような言葉かけ、ケアが必要か、考えることもできました。
貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ