2020/12/22

2年生「協働」 答えが1つでない入試問題に取り組む  授業・HR

2年生「協働」の授業では、答えが1つでない入試問題を、出題者の意図を考えて意見を出す練習をしました。今年度からの入試改革により、知識・技能以外の考える力や取り組み姿勢なども重視されるようになったため、より真剣に取り組むことができました。
グループディスカッションではコロナ収束後の日本社会について、教育面と経済面に視点をあてて討論しました。沈黙があったり、話がまとまらなかったり、なかなかうまくできませんでしたが、それだけ練習が必要なことも実感できたのではないかと思います。自分の分野の知識が必要であること、普段からニュースを見ること、そしてそれらの情報に対して意見を持つことが大事、という感想が多かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ