What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2021年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
ブーブーブーさん
そうかぁ、ブーブーブーさんとは京都繋がりだったのかぁ〜。
やっぱりあの「そうだ、京都へ行こう」はそそられるコピーですよねぇ?もう、魂の半分位は京都へ行っちゃってるような感覚にさえとらわれます。
ああ、京都行きたいなぁー。
来年帰省時には、ぜったいに行くぞーーー。
投稿者:lizzyco
りんごさん
おお〜!まだありますか、丸善!
貴重なご意見、ありがとうございます。
次の帰省した時には必ず京都へ行きたいと思います。
尼っこというのは、あのダウンタウンの尼って事ですか?すごいーーー、それはもう関西人としては涎もんのシチュエーションですよねぇ。羨ましい〜。
その京都人が云々は一般的に言われていますよねぇ。
そうかもしれません、大阪人は良くも悪くも裏表がない、と私も思います。(笑)
投稿者:lizzyco
ちぎちゃん
もうねぇー、めちゃくちゃツボに入りまくりに嬉しかったですよぉー、本当にありがとうございました。もうここで、「いかん、日本エネルギー切れ・・・」となった時には、あの写真に助けてもらえそうです。
それもこれも、ちぎちゃんの写真の腕のお陰。
ああ、私の周りはフォトグラファーで溢れている〜。
京都、行く度に色々な顔を見せてくれるって言うの、すごくわかります。本当にステキな町ですよねぇ。
JRのコピー、あのバックミュージックとあまりにも合っていて、涙が出る程です。
本当に京都に行きたいわぁ〜。
ありがとうございました、ええ思いさせてもろてます。おおきに。
投稿者:lizzyco
かずこさん
そのご意見にアグリーです。
京都なだけにねぇー、転生しやすそうですよねぇ?
てな訳で、転生組がここに集まっているって感じなんでしょうかねぇ?
本当に京都大好き!
で、ついでと言っては失礼千万なんですが、奈良も好きなんですよねぇー、でも、こちらは前世では季節事に遊びに行っていた・・・的な乗りで好きなん感じです。
ああー、行きたいなぁー、京都!
投稿者:ブーブーブー
実を言うと、私も常々前世は京都にいたに違いないと思っている一人です。
京都を映像(CMなど)などでみるたび、その思いは確実に近く感じるのです。
リジィ子さんとは前世の京都繋がりかしら。
投稿者:りんご
丸善今もありますよ!リジィ子さん、日本にいらしたときは、またぜひ京都もいらしてください。って私は尼っこですが・・・京都の景色や雰囲気は大好きだけど、京都人は苦手です。やっぱり大阪人の方が、裏表なくって本音でいいなと思います。
投稿者:ちぎ
わ〜、喜んでいただけたようで嬉しいです。

わたし自身は生まれも育ちも信州で、初めての京都は中学の修学旅行でした。結婚後、夫が京都に縁のある人で、また仲の良かった同僚が京都にお嫁に行ったということもあり、出かけていく行く機会が増えました。
行くたびに、違った京都の一面を見られるのが楽しくて、ますます好きになってしまいます。
ほんとうに、「そうだ 京都行こう」ってなんて秀逸なコピーなんだろうって思いますね。ああー、京都行きたいです!
投稿者:かずこ
あれ、何処かで聞いたようなはなし。。
あ、自分でも叫んでました、この夏。
「京都いこう、奈良いこう!!」
友達でも、絶対前世は京都に住んでた、っていいはってるひと、いはりますよ〜〜

私もそう思ってるから(爆)京都のひとは、転生しやすい、ってことでいかがでしょうか?



http://sanakopi.exblog.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ