What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2021年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
yukoさん
yukoさんも同じ頃ですか!
ううーーーん、おっしゃる意味がもの凄くわかります!あの、それまで大嫌いだった筈のえぐみやらなんやらが、突然、例えようなく美味な物になるんですよねぇ、うんうん。
そうそう、そのわびさび、ですよね。奥の深い味、と言いますか。墨絵にも似た、あのそのものの裏側を楽しむ、という感じ。

美味しかったなぁ・・・。もっと食べたいです〜。
投稿者:yuko
実は、私も丁度リジィ子さんの年齢の頃に目覚めました〜ミョウガの美味しさに!

やはり、ある日、冷や奴の上の細切りシャキシャキのミョウガ様を食べたのがキッカケでした。

なんちゅうか、表現できないのですが、それまで嫌いだったミョウガの癖のある味の中のさびわび・・みたいのに気づいたっちゅうか・・・みたいな感じです〜


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ